オフグリッド独立太陽光発電ではどれぐらいの電気が使えるのか

⒈ 独立太陽光発電を作るときの疑問

1.1 「使いたい電化製品が複数ある場合は大丈夫?」

以前、オフグリッド 太陽光発電の仕組みを説明したブログ記事を書いたところ、このようなコメントをいただきました。

「いつかオフグリッドな生活がしたいと思っている者です
凄く小さな質問ですみません
使いたい電化製品が複数ある場合は延長コードやタコ足的に使用しても大丈夫ですか?
もちろん限度があるでしょうけど…」

で、このご質問に対しては、このようにコメントさせていただきました。

「延長コードやタコ足配線をすることに関しては、基本的に問題ありませんよ。
ただ、トータルでどれぐらいの電気を使用するのかは、それを考慮して各部品の大きさを選ぶ必要があります。
具体的には、各電化製品のワット数と、1日の中でトータルどれぐらいの時間使用するか、を考えなくてはいけません。
各部品とも、使う電気の大きさによって様々な種類があり、大きいものの方が高額になりますよ。」

⒈2 独立太陽光発電のイメージ

コメントではそのように回答しましたが、自分の中ですっきりしない部分が出てきました。

「それを考慮して各部品の大きさを選ぶ」、「ワット数と、1日の中でトータルどれぐらいの時間使用するか、を考える」って言ったって、どのように選んで、どのように考えるか、これじゃあ全然わからないじゃん、と。

で、ちゃんとそれを説明しようと試みました。

すると説明の分量が多くなってきて、一つの記事では書ききれなくなってしまいました。

ちなみに、これまでに書いた記事はこちらです。

バッテリー、インバータなど、各部品の役割を説明したもの。

オフグリッド独立太陽光発電システムのこれ以上ない超簡単な仕組み

2019.02.02

電気の流れを水の流れに例えた説明。

独立太陽光発電の仕組みは山の湧き水を使う仕組みにとてもよく似ている

2019.02.11

電気を考える時に必要になる「電力」と「電力量」についての解説。

オフグリッド独立太陽光発電で使える電気の量〜「電力」と「電力量」って何?

2019.02.14

ここまできてようやく、冒頭の質問に答える準備ができましたので、今回の記事ではそれにお答えいたします。

2. オフグリッド太陽光発電で使える電気の量

2.1 インバータの電力を超える電力は使えない

テレビは100ワット、洗濯機は200ワット、ドライヤーは1200ワットなど(一例です)。

電化製品には必ず、使用電力が書いてあります。

で、インバータには使用できる電力が決められています。

例えば1000ワットのインバータを使う場合、テレビと洗濯機は同時に使っても300ワットなので使えるけど、ドライヤーは1000ワットを超えているので使えない、ということになります。

延長コードやタコ足配線は、通常の電気と同じように使うことができます。

2.2 バッテリーに蓄えられている電気を使い切ったら、それ以上は使えない

独立太陽光発電では、発電した電気をいったんバッテリーに貯めてから、その電気を使います。

だから、スマホなどと同様、バッテリーの電気を使い切ってしまうとそれ以上は使えません。

先ほどの例で言えば、テレビと洗濯機を使うことはできますが、長時間使ってバッテリーの電気がなくなると、それ以上は使えません。

その時は、インバータから、「ピーッ」と警告音が鳴ります。

3. 実際にどれぐらい使えるのか

ということで、どれぐらいの電気が使えるのかという質問に対しては、使用する電化製品の電力と、どれぐらいの時間使うかによる、という何とも曖昧な答えしかできません。

この質問にちゃんと答えようとすると、今度は数字を使って、100ワットのテレビを3時間使うとすると、トータルの電力量が100×3=300ワットアワーだから、と、わけがわからなくなってきます。

ということで、ぼくが最初に購入した独立太陽光発電システムのセットと、それで使っていた電化製品をご紹介します。

3.1 独立太陽光発電セットの一例

太陽光発電: 100ワット

バッテリー: 車用のものが一つ

インバータ: 300ワット

3.2 使っていた電化製品

・廊下用の照明器具

・ガラケーの充電

・ノートパソコンの充電

・電動工具の充電

これらを、大体使うことができていました。

「大体」というのは、先ほど書きましたように、使いすぎてバッテリーの電気を使い切ると使えなくなります。

使い過ぎればバッテリーの電気が空になって、インバータから「ピーッ」音が鳴るということです。

そうなった時には、また太陽が出てきてバッテリーを充電してくれる時を待たなければいけません。

4. まとめ

ということで、「独立太陽光発電でどのくらいの電気が使えるか」について、説明を試みました。

やってみてわかったのは、説明けっこう大変ってことでしたw

自分なりに頑張ってわかりやすく書いたつもりですが、

「やっぱり電気ってよくわからないね」

と言われて、がんばって書いてきた一連のブログが、ページを閉じられてしまうのではないかと心配です。

がんばって書いたので読んでくださいねー、って、最後に書いても意味ないかw

オフグリッド独立太陽光発電で使える電気の量〜「電力」と「電力量」って何?

2019.02.14

パーマカルチャー研究所で目指しているのは、自立的な暮らし。
電気を自分で作ってみると、暮らしの自立度が格段にアップします。
こんな暮らしに興味のある方は、パーマカルチャー研究所で配信している無料メルマガ「遊暮働学で自立的暮らし」を読んでみてくださいね。
下のフォームから、メールアドレスだけでも登録できますよ。


 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です