牛のウンチを畑に

サハイナンでは、牛フンを畑の堆肥に使っています。

今日はその牛フンを取りに行ってきたので、雰囲気を紹介します。

場所は、サハイナンから6キロほど離れた場所にある、ホエパン村。

サハイナンでは、いつも畑を作っているので、いつも牛フンが大量に必要になります。

ホエパン村には、よく牛フンを譲ってもらっているところが3箇所もあるとのこと。

週に一度ぐらいは、牛フンをとりにいってます。

のどかな風景。

真ん中に積んである干し草を、農家さんが少しずつ牛に食べさせてました。

恐る恐る、牛に近づいてみます。

もうちょっと接近!

そして食べると、大量のウンチ。

これをしばらく天日干し(?)にして乾燥・発酵させた後、袋に詰める。

ここまでの作業を農家さんがやってくれています。

サハイナンメンバーは、そうしてまとめてくれた牛フンを、車で取りに行きます。

オンボロカーに、大量の牛フン。


牛は、食べた草の8割ぐらいのフンをするという説を聞いたことがある。

このフンで育った野菜やお米を食べる。

そして稲わらを牛にまた与える。

この循環のサイクルを身近に感じられて、とても気持ちのいい暮らしが成り立っています。

山の中に水洗トイレを作る方法

2019.02.26

プラごみの出ない食べ物を食べたい

2019.02.20

自然の豊かな場所に長く住むことにより、自然界の循環を意識するようになってきました。そんな我が家の暮らしから生まれた、今すぐ暮らしに役立つ知恵を、メルマガで無料配信しています。興味のある方は下のフォームからご登録ください。

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です