独立太陽光発電の仕組みは山の湧き水を使う仕組みにとてもよく似ている

1. 独立太陽光発電は水の流れで理解できる

100%太陽光発電の電気を使う、独立太陽光発電システム。

電気のことは難しくてよくわからない、という声をよく聞きます。

独立太陽光発電を説明すると、必ず聞かれる質問があります。

「この太陽光でどれぐらいの電気が使えるの?」

この質問、実は独立太陽光の仕組みをよく理解していないと、聞いてる方も答える方も良くわからなくなって混乱します。

で、この仕組みというのが、水の流れに例えると理解しやすいです。

特に、現在滞在しているタイのパーマカルチャーファーム、サハイナンでの水の使い方が、独立太陽光発電の仕組みによく似ているので、これらについて説明しますね。

2. サハイナンの水システム

サハイナンでは、公共の水道がありません。

じゃあ水はどうしているのかというと、2kmほど離れた山から湧き水を引いてきて使っています。

その仕組みは以下の通りです。

2-1. 水源

こちらがサハイナンから2kmほど離れた場所にある、山の湧き水、水源地です。

この水源に水道管(と言ってもホースのようなもの)が沈めてあります。

この水源地からサハイナンまで、2kmの道のりをずっと水道管を引いてあります。

2-2. 貯水タンク

そしてこれが、サハイナンに置いてある水タンク。


水源地の方が、サハイナンよりも標高が高い位置にあるため、水道管からは、重力によって水が常時流れ続けています。

この水を、一旦この水タンクに貯めます。

2-3. 蛇口

この水タンクから、さらにサハイナン内のトイレやキッチン、洗濯場などに水道管を引いて、蛇口をつけています。

ですから、この蛇口をひねれば、普通の水道と同じように水を使うことができるのです。

3. 独立太陽光発電の電気の流れ

以上、サハイナンの水システムを説明しましたが、この、一旦水をタンクに貯めてから使う、という仕組みが、独立太陽光発電の電気の流れにとてもよく似ているのです。

ということで、電気の流れについて説明します。

3-1. 電源(太陽光発電)

こちらが、電源となる太陽光発電です。

先ほどの水の流れで言えば、水源地にあたる部分です。

太陽の光から電気を作り出してくれます。

水源地からタンクまでは水道管を使っていましたが、こちらは電気ですから、水道管ではなく電線を使って電気を持ってきます。

3-2. バッテリー

はい、その電気を一旦、このバッテリーに貯めます。

水システムでは、貯水タンクを使ってましたね。

電気では、バッテリーです。

3-3. インバータ

で、最後は水システムで言うところの蛇口、電気を使う部分。

コンセントを差し込む場所が必要なので、それをこのインバータという部分が担っています。

4. 「どれぐらいの電気が使えるの?」という質問について

で、この質問についてですが、先ほどの水システムで、「どれぐらいの水が使えるの?」という質問に置き換えて考えるとわかりやすいのですが、これについてはさらに説明が長くなりますので、それは次回以降に解説することにしますね。

質問があれば、コメント欄にお願いします。

ブログを見てくださっている方と一緒に、このページをコメントと共に充実させていければなと思っています。

オフグリッド独立太陽光発電で使える電気の量〜「電力」と「電力量」って何?

2019.02.14

オフグリッド独立太陽光発電システムのこれ以上ない超簡単な仕組み

2019.02.02

パーマカルチャー研究所で目指しているのは、自立的な暮らし。
電気を自分で作ってみると、暮らしの自立度が格段にアップします。
こんな暮らしに興味のある方は、パーマカルチャー研究所で配信している無料メルマガ「遊暮働学で自立的暮らし」を読んでみてくださいね。
下のフォームから、メールアドレスだけでも登録できますよ。



※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です