プレハブハウスをDIYで断熱しました

1. プレハブ断熱の必要性

我が家、プレハブを3つ繋げて住んでいます。

上の写真で、右側は断熱ありなのですが、左側は断熱がありません。
断熱のない家に住んだことがなかったので、どんだけ寒くなるんだ?と思って一冬過ごしましたが、薪ストーブを焚けば、死にそうに寒いということはありませんでした。

だけどやっぱり寒いのは寒い。
引越し直後の去年は断熱まで手が回らなかったけど、今年は断熱に着手することにしました。

2. 外枠づくり

このプレハブは、外枠が全て金属です。
金属には木材をビス留めしにくいので、まずは金属部分にこのように木材をくっつけます。

金属に木材をビス留めする時には、先端がドリル状になっているドリルビスってやつを使います。

金属部分全部に木材を接続します。

木材には木材をビス留めしやすいので、これで今後の作業が楽になります。

3. 断熱材を切り貼り

断熱材を壁の大きさに合わせて切って貼ります。

この、スタイロフォームという発泡スチロールの板、カッターで簡単に切ることができます。

簡単に切れるとは言っても、壁に合うようにミリ単位で正確に線を引くのも意外に大変だし、厚みもあるし、1メートル以上ある線をまっすぐ切るのはなかなか大変。細かい部分など、単純で地道な作業の繰り返しになります。

4. 外壁を貼る

ただの板をそのまま貼ってしまおうか迷ったけど、小屋風に、板を重ねていって外壁にすることにしました。あとは上まで、同じ作業の繰り返し。

やる作業は同じなんだけど、どんどん高くなっていって作業がしづらくなってきます。

一人ではできなくなってくる部分も多く、息子にも手伝ってもらいます。

とりあえず、大まかには完成ー!

5. 塗装

このままだとすぐに腐ってしまうので、塗装をしました。
だけどこのクレオトップ、透明の液体でイマイチ塗装している感がない。

左側が塗装後、右側が塗装前、見た目あまり変わらず。
色付きのペンキの方がよかったかな。
どれぐらい効果あるのか、不明です…

6. すき間を発泡ウレタンで埋める

板を重ねて外壁にしたので、横から見るとこんな風に隙間が空いています。

ここを風が通り抜けると断熱効果が半減しそうなので、埋めることにします。
ホームセンターで見つけた、発泡ウレタンスプレー。
すき間にスプレーすれば、膨らんで発泡スチロールのように固まってくれるというもの。初挑戦です。

初スプレー。切れが悪くて、めっちゃ扱いにくいw

超テキトーに、とにかくスプレーしてみました。

時間経つと膨らんでくるので、膨らんだ部分を板で平らにしますが。

イマイチきれいにできない…
まあ、機能は果たしているので、見た目は気にしないことにします。自分ちだし。

7. 完成!

ということで、完成しました!
と言っても、相当時間かかって、この面だけ。
壁は4面ありますが、今年できたのはこの1面だけです。
とは言っても、この裏はトイレとお風呂の配管があり、一番凍結の心配があるところなので、ちょっとだけ安心です。
残りの3面は、来年ですね。ほんと亀のスピードですが、ちょっとずつ、ちょっとずつ、過ごしやすくなっていくし、作るたびに愛着も湧いてきてます。

プレハブに独立太陽光発電を設置します

2019.08.09

暮らし自体が遊びである、遊暮働学。そんな遊暮働学の暮らしの作り方を、無料のメルマガでお伝えしています。読んでみたい方は、下のフォームからお申し込みください。

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です