サハイナンへバンコクからバスで来る方法

1. バンコクからサハイナンへのルート

現在滞在しているサハイナン。
けっこうな田舎町にあるので、なかなかたどり着くのが難しい。
というわけで、バンコクからのルートを紹介します。
なお、ホントに来ようとすると、これでも全然情報不足だと思います。
質問いただければ、可能な範囲で対応させていただきますので、連絡くださいね。

1-1. 飛行機

我が家は、4年連続、飛行機を利用しています。
Nokair(ノックエアー)という飛行機の会社で、バンコクからナーン行きの飛行機に乗って、ナーン空港に到着。
(エアアジアもありますが、いつもぼくらは比較的安いノックエアーを利用してます。)
フライト時間は80分です。
そこからはタクシーで約90㎞、1時間半ほどでサハイナン近くまで来ることができます。

1-2. バス

バスでは、バンコクからサハイナン近くの町トゥンチャンのバスターミナルまでは、750kmの道を、10~12時間かけて行きます。
今回、メインで紹介したいのはこちら。
詳細は、こちらのサハイナンのホームページに書いてあるのですが、これだと英語だし、ちょっと情報不足なので、ぼくが調べた範囲の情報を紹介しますね。

2. バス

2-1. バス会社

3つのバス会社があります。

・999 transport company
・Chertchai tour company
・Sombatt tour company

3つとも、グーグル検索したのですが、タイ語のページしかなかったり、なぜか行き先にトゥンチャンが出てこなかったりで、なかなか予約にまでたどり着きません。
そこで今回、Sombatt tourのチケット売り場に直接行って、ウェブサイトでの予約方法を聞いてきたので、紹介しますね。

2-2. ソンバットツアーの予約方法

とりあえず、ソンバットツアーのウェブサイトはこちら

なんだけど、言語選択で英語が選択できるのに、予約ページは英語ページがまだできていないようで、タイ語で予約しないといけません。

その予約ページはこちら。

左上のポチは、片道、右上のポチは、往復。

次の2行は、出発地。
1行目は、大まかな地域で、2行目は、バスターミナルのある場所。
1行目が県、2行目が市ってイメージ。
プルダウンメニューから選択します。

その次の2行は到着地。

この写真では、トゥンチャンを出発地に、到着地をバンコクにしています。
バンコクからトゥンチャンに行く場合は逆にしてください。

トゥンチャンの指定方法は、次の通り。
1行目:น่าน(ナーン地域)
2行目:ทุ่งช้าง(トゥンチャン)

バンコクの指定方法は、このように。
1行目:กรุงเทพมหานคร(バンコク地域)
2行目:วิภาวดี(ウィパーワディ)

バンコク地域の中では、4か所ほどバスターミナルがあるのだけど、カフェのお姉さんに聞いたところ、ウィパーワディが一番ドンムアン空港に近いとのことでした。

3. トゥンチャンのバスターミナル

トゥンチャンのバスターミナルは、ガソリンスタンド、ソンバットツアーのチケット売り場、カフェなどが併設されていて、わりと街中。

ぼくらは毎週土曜日、ここのカフェに行ってくつろいでます。
今日もこんな感じで。

ターミナルの全体風景はこんな感じ。

手前にガソリンスタンドがどーんとあって、バスがその奥に数台待機している様子が、わかるでしょうか。

バス、でかっ。

これがソンバットツアーのチケット売り場。

あ、きれいなトイレもあります。
優先トイレもあるし。

優先トイレの中はこんな感じ。
けっこうきれいでしょ?

というわけで、今回、バスについて調べたことをまとめてみました。

タイのパーマカルチャー・ファーム、サハイナンでのある一日

2019.01.27

スズメバチの巣の撤去方法(サハイナン版)

2019.01.24

暮らしそれ自体が、遊びで学びで仕事である、という意味の「遊暮働学」。
この言葉は、サハイナンに滞在していた頃のライフスタイルを言葉にしたものです。
こうやってシンプルに生きれば、日々の暮らしでの余計な悩みはなくなるのではないかと考えています。
遊暮働学についての詳しいことを知りたい方は、下のフォームからメルマガを登録してみてください。
メールアドレスだけでも登録できますよ。

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です