オフグリッド太陽光システムの作り方~その1

1.「電気がない!?」

純「電気がなーい!?電気が無かったらどうするんですか!?」
五郎「夜になったら寝ればいいんです」
純「勉強は?電気が無かったら勉強できませんよ」
五郎「ランプがあります。ランプもいいもんですよ~」

電気がないと言えば、名作ドラマ「北の国から」のこんなシーンを思い出します(セリフはぼくの中の記憶なので、きっと正確じゃありませんw)。

さてさて今年のタイライフ。
大きな目標の一つは、ジャングルからでも情報発信

たとえタイのジャングルにいても、日本と同じように毎日ブログを書き続けることが一つの目標です。
幸い、ジャングルとは言え、ケータイの電波は入ります。
だから通信はよしとして(通信は通信でまた設定が色々大変だったのだけど、それはまた別記事でレポートするとして)、大きな問題は電源の確保です。

サハイナンの電気は現在、大きく分けて3か所。
食堂の共有スペースの照明、スマホ用のUSB充電スペース、そして、サンドットさんの家です。

パソコンを充電しようとすると、食堂は照明しかなくてコンセントが無い、USB充電スペースにも、コンセントが無い。
だからパソコンを充電するには、毎回サンドットさんにお願いしなければならない。

今住んでいる家は、2年前に自分たちで建てたところ。
2年前は、屋根と床だけが完成。
去年は、その家に住みながら、キッチン、シャワー、トイレを作りました。

そういうわけで、今年の家づくりの大きな作業は、電気を引くこと、に決まりました。

2. 分電盤の製作

まず最初の作業は、分電盤の製作。
家でいうと、ブレーカーです。
電気を使いすぎちゃったときに、

「あ、ブレーカー落ちちゃった。ブレーカー上げないと」

って言いながら、暗闇の中、手探りで上げなきゃいけない、あのスイッチがブレーカーです。

最近の家は、そもそも大きめのブレーカーをつけられていて、電気の使い過ぎでブレーカーが落ちるなんてこともなくなっているようですが。
ちなみに、そもそも大きめのブレーカーがつけられているため、必要以上に高めの基本料金を払わされている家庭が多いです。
ブレーカーの大きさをチェックして適正なものに変えるだけで、電気料金が下がったりしますので、気になる方はチェックしてみてください。
よくわからなければ、お教えしますので、連絡ください。

話がそれました、分電盤ですね。
今回の電気システム構築にあたり、色々と道具を買ってきました。
これだけでちょっとテンション上がり気味w

でも大変なのはここから。
電気の作業って、電気とは言っても電気的接続などが絡んでくる、いかにも電気という作業は1割もなくて、ほとんどは木工や高所作業など、電気とは関係ない作業ばかりです。

例えばこれ。
ブレーカーやヒューズなどを固定するための台(これが分電盤)づくり。

各パーツを木で作るんだけど、電動工具がないから、のこぎり、くぎ打ち作業がメイン。
この箱作るだけで、一日がかりです。
電動工具があれば1時間もあれば終わるのに。

って泣いててもしょうがなくて、時間はかかっても、とにかくやってればいつかは終わる作業なので、ひたすら作業を進めます。

そして、形になったのがこれ。

左から、ブレーカー、ヒューズ、コンセントです。

ブレーカーは、家全体の電気のスイッチで、通常使うときはずっとオンにしてあります。
普通の家でも、ブレーカーは常にオン、何かあった時(電気を使いすぎたときなど)にはオフになりますよね。

真ん中のヒューズは、どこかの配線がショートしてしたりして電気が流れすぎたときに、その電気を安全に切るための部品です。

そして右側のコンセント。
これは通常の家では、家の中の各部屋についてるものですよね。
今回は、分電盤にコンセントも一緒につけちゃいました。

ちなみに、ブレーカーの上下に、線を通すための穴を開けたのだけど、この作業もまた、ノミでトンテンカンテン、ひたすら地道な作業なのです。

そんな感じで分電盤はほぼ完成。
次は、電源となる太陽光発電場所から、電線を引く作業です。

オフグリッド独立太陽光発電システムのこれ以上ない超簡単な仕組み

2019.02.02

タイのマーケットとプラスチックごみ

2019.01.29

パーマカルチャー研究所で目指しているのは、自立的な暮らし。
電気を自分で作ってみると、暮らしの自立度が格段にアップします。
こんな暮らしに興味のある方は、パーマカルチャー研究所で配信している無料メルマガ「遊暮働学で自立的暮らし」を読んでみてくださいね。
下のフォームから、メールアドレスだけでも登録できますよ。

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です