札幌に帰ってきました

2019年3月18日(月)、今年度のタイ滞在も終了し、帰国の日。帰国の便は、なんと午前2時20分。こんなに遅い(早い?)便は初めて。特に5歳の娘は大丈夫かと不安だったけど、無事、ちゃんと起きて移動してくれました。

帰りも行きと同じくエアアジア。パソコンで、事前にウェブチェックインができるので、座席指定も安心。

と思ったら、ウェブチェックインが遅かったからか、4人の席が、近いけど離れ離れに。2,4,2列の機内で、二人が2列、もう一人が通路を挟んで隣、そしてもう一人が前の窓側の席に。うーん、ウェブチェックイン、確か2週間前からできるはずだから、もっと早くからとればよかった。

また一つ教訓を得ました。とは言え、実際はけっこう空いてたのと、ほとんど寝てたのもあって、ほかのお客さんと座席交換することもなく、問題なく過ごせました。

空港には、なんとお友達のKさんが車で迎えに来てくれました。大感謝!おかげで家までも、楽しいドライブの時間になりました。公共交通機関だと、最寄りのバス停から家まで徒歩1時間かかるからなぁw

お礼に、うちの近くの「おうちごはん野の」さんでお昼ご飯を。

2か月ぶりの和食、しかも「野の」さんのご飯!マジで!マジでうますぎる!

と楽しいひと時を過ごしつつ、試練はこれから。日没までの約3時間ほどで、雪で埋もれ切った家を完全復活させて、そこで寝なければいけません。水道凍結が解消されてなくて水が出なかったらどうしよう。雪解け水が雨漏りとなって家をびしゃびしゃにしていたらどうしよう。さらにその雨漏りが布団を水浸しにしてたらどうしよう。吹雪で電線がおかしくなってたらどうしよう。車のバッテリーは上がってないかな。不安が渦を巻いて押し寄せます。

さあ、家に戻ります。最近暖かったようで、雪はそれほど深くなく。この日も暖かくて、絶好の家掘り日和w

あれ?玄関フードの扉が。

強風が吹いて、扉を支える部分が破損してましたw

家の中は電気も無事、雨漏りもなく、ほっと一息。

続いて水。これが我が家の水の大元。

元栓より左側は水抜きできない構造なので、ここは凍結しています。予想していたことなので、予定通りガスバーナーであぶり続けます。

いくらあぶっても水が出ず、不安になってきたその時!

出たー!水も復活ー!

続いて車。積雪量は20~30センチと多くはないものの、車を出すには数十メートルの雪かきが必要。必死にスコップで地道に除雪。次の日も朝早くから起きてひたすら雪かきしまくり。

雪かきすること合計数時間、ようやく車も出せました。ちなみに今回、バッテリー端子を外して行ったので、無駄な放電を抑えられて、エンジンは一発でかかりました。タイ長期滞在4年目にして、バッテリー上がり無し、初の快挙!

そして五郎さんご家族のおかげで、ニワトリも無事に冬を越してくれていました。

そして恵みのタマゴも!

2か月ぶりのタマゴかけご飯も、サイコーでした。

そして、北ノ沢にあるオフグリッド実験フィールドの様子も見てきました。

こちらも無事でした。

そんなわけで、2018年度のタイ滞在はこれで終わりです。

全体像を知って想像するということ

2019.03.28

今年もやっぱり発生した水トラブル

2019.03.17

2019年度もまたタイに行く予定です。今回、思いつきでメルマガ読者さんに声をおかけしてみたところ、リアルではお会いしたことのない方と現地で会って、毎日たき火を囲みながら色んな話をして、とても楽しく過ごすことができました。楽しすぎたので、来年度ももう少し大々的に、一緒に行く人募集しようかなんて、考えてます。2019年度のタイのサハイナンツアー(?)、一緒に行ってみたい方は、下のフォームからメルマガ登録しておいてくださいね。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です