コミュニティでの子育て

サハイナンのご近所に住んでるタイ人ファミリー。6歳のお姉ちゃんピンと生後2ヶ月の弟プン。よくこんな感じで、ピンちゃんが弟をベビーカーに乗せてうちの近くまで散歩に来ます。

ピンはうちの子たちとも一緒に遊びたいので、うちに来るとよくベビーカーをそのまま置いて遊んだりします。

そうするとプンが泣き出すこともあります。

そうすると、余裕のある人がプンの面倒を見ます。

プン君、色んな人に抱っこされて幸せですね。

でも先日、若い20代の女子が抱っこしてくれたのですが、赤ちゃんに慣れていなくてイマイチあやしがうまくいかず。

ちょっと困ってそうだったので、ぼくが代わってみました。

すると。

泣き止んだ!

ちょっと嬉しい。一応、父ちゃんとしての経験が生きたのかな?そのまま、散歩したりミルクあげたり、オムツ変えたり、久しぶりに小ちゃい赤ちゃんとたわむれました。

この間、お母さんは、リラックスしていたようです。よかったよかった。ちゃんちゃん。

 

て話なんだけど、これって多分、多くの一人で子育てしてるお母さんにとったら、かなりありがたいことなんじゃないかな。自分以外にも、気楽に赤ちゃんを頼める人がいるって(しかも今回の場合、別に頼んでもいない)。

ぼくも今回、赤ちゃんと過ごして楽しくはあったけど、やっぱり泣き続けられる時もあってその時は大変。その時は、他の人のところに「助けてー」と助けを求めたり。

だけど一人でやってると、こういう逃げ場が全くなくて、息詰まるんだろうなと思う。

核家族での子育ては、ホントに無理があるよなと思った、そんな出来事でした。

世のお母さん、いつも子育て、ありがとうございます。

ジャングルで子育てについて考えた

2019.01.15

このタイでのパーマカルチャーファームでの暮らしが元となって、現在も山暮らし・遊暮働学のライフスタイルを実践的に研究しています。
遊暮働学とは、暮らし自体が遊びで仕事で学びであるから、暮らしていれば暮らしが回るというライフスタイル。
遊暮働学について詳しく知りたい方は、下のフォームから「遊暮働学で自立的暮らし無料メルマガ」を購読してください。
匿名での購読も可能ですよ。

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です