山の仕立て屋さん。こゆのお姉さんコーデ。

生地の森さんのブラックウオッチでtocoさんのタックブラウスを仕立てました。

このネル生地、厚めで暖かい。こどもはうごきまわるから一枚でもいける。

ニットじゃなくて布帛でブラウスもいいなあと感じた一枚。

シックで可愛いのでボトムにもいいかも。

f:id:yurukkosae:20181109075634j:image

 

ボトムは布もようさんの細畝コーデュロイ 。

秋はキャメル!って思ってワクワクしながら買ったけど北海道で一枚でボトムにするには厳しくてワンピースかなって思っていたら思いついた。

バルーンパンツなら二重にして仕立てるから薄くて軽いこの生地こそがふさわしい。

型紙はショートパンツの型紙をネットで検索して改造してます。

あまりに可愛いので多分、増産決定。

今までは柄物で攻めてきたけど、今年は色を色々揃えていきたい。

 

めちゃめちゃ気に入ってます。

こゆ、お姉さんになったなあ。

 

 

見づらいけど頭のシュシュも昨日作りました。

五郎さんの奥さんが眠っていたというサテン生地をくれたけど、ドレスはまだ作ったことないのと冬物を揃えるのに忙しくしまってあるので、簡単なものをと思って初めてのシュシュ。

サテンで髪飾り作るとちょっとオサレになるのね。知らなかった。思い切り女子のこゆのために、アイドルふうの大きめのリボンカチューシャも作ったろうかな。

グッとお姉さんスタイル。

やっぱりかわゆい〜。

 

昨日札幌のおおて生地屋さん、カナリヤさんにこゆといったら、こんな服可愛いねえ、作ってって言われたり、子ども生地のコーナーでパステルのティーパーティ風の生地を選んで惚れ惚れしてるこゆ。

ああ、こんなとこもあったんだって、久々の二人の時間でゆっくり感じてきました。

 

我が家の男子チームが札駅に4時間ほど用があったのでこゆもついていきたいという希望により、街に出たのだけど、街に出ると食べることに目が奪われてしまうので、来週の外食に備えて温泉に行こうと提案。時間配分の都合でちょっと厳しいかな、って呟くと、じゃあいいよ、と気持ちを切り替えるこゆ。もう1どかんがえ、今すぐならギリオッケー、というとじゃあ行こうとスパッと決めてくる。

 

大ちゃんと遊ぶことも多かったので、大ちゃんの遊びによくついて行くなあ、くらいにしか気づいてなかったけど、こうして相手を理解するためにじっくり向き合う時間、大切だなあって改めて実感。

明日からまた気持ち良く過ごせるように今日を積み重ねて行こう。

(この記事は、研究員(妻)の2018年11月9日のブログを再編集したものです)

山の仕立て屋さん。男の子パンツ。

2018.12.07

山の仕立て屋さん。大人ナチュラルなtocoさんワンピース。

2018.11.28

好きなことをして暮らす。
パーマカルチャー研究所では、そんな暮らしも実践しています。
こんな暮らしに興味のある方にもお役に立てる情報を、「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガで配信しています。
購読されたい方は、下のフォームから登録してください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です