簾舞の五郎さんを初訪問したときの記録

現在、我が家は簾舞の五郎さんの作ったエコ村の一画に住まわせてもらってます。
その五郎さんを初訪問したのが、2017年11月10日。
そのときのブログを紹介します。

自給的暮らしを営むご夫婦を訪問してきました

先日このブログにコメントをくださった方に、札幌市の南区で自給的暮らしを営んでいるご夫妻を紹介していただき、訪問させていただきました。
Yさんご夫妻。
Yさんは、幼いころから自然に囲まれたところで暮らしていて、技術者として様々な仕事を経験しながらも、現代社会のありかたに常に疑問を持たれていたようです。

家づくり、電気、上下水道のインフラの整備はもちろん、薪ストーブや薪割り機まで自作してしまうスーパーマンでした。
敷地にある木を、薪として使うだけでなく、建材としても使い、自分で家も建てられていました。

これは、使い放題の伏流水を冷熱源とした、自作エアコン。

自作の薪ストーブ。

裏にはピザ窯もついています。

太陽光発電で発電した電力は、こちらのバッテリーに蓄えます。

業務用の廃材を持ってきて、なんでも自作してしまいます。

雪室。

中には冬用の食料がたくさんストックされていました。
全て自分の畑でとれたものだそうです。

そして自作の薪割り機!

廃品のエンジン、プロパンガス用のボンベなどを組み合わせて自作したとのことです。

手作り薪ストーブや薪割り機はもう、何十台と手作りしてほしい人に分けてあげているとのこと。

ちょっと信じられないレベルの自給力。
こういう技術や暮らしの知恵を引き継ぎたいとのこと、いやぁ、ぜひ引き継がせていただきたいと思いました。
一緒に行った息子とともに、感動しまくりでした。

ブログで生まれた五郎さんとの出会い

2018.10.04

まさに「自立的暮らし」と呼ぶにふさわしい暮らしをされている五郎さんご夫妻。
パーマカルチャー研究所では、自立的暮らしをするための方法や考え方を、
無料メルマガ講座で配信しています。
興味のある方は、下のフォームからご登録ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です