魚も食べれる山暮らし

1. 「魚持ってきなー」

ある夕飯を食べ終わった頃、自給自足仲間(?)のMさんが。

「お魚たくさんもらってきて五郎さんちに届けたから。
 三栗さんちも少しもらいなー。」

なんと。山暮らしなのに、魚も食べられるとは!
Mさん、ありがとー!

ということで、たくさんいただきました。

顔の広いMさん、釣りをするお友達からたくさんもらったとのことです。

カジカ1匹と、カレイ4匹~♪

2. カジカ汁~♪

カジカ!

初めて見たかも。

ぼくは全然どうしていいかわからないけど、妻がさばいてくれることに。
頼もしい~。

「これは遊暮働学だから」

と、子どもたちを巻き込む妻。さすがっす。

子どもたちも興味津々。

カジカのさばき方動画をチェックしたりして、盛り上がってきました。

頭を取って。

開いて。

基本ブツ切りみたい。

生臭さを消すために、熱湯をかけるとのことです。

あらかじめ根菜を煮込んでおいたところに、カジカを投入!

カジカ汁できましたー(写真はイマイチだけど)。

生ぐさいかなぁと思ってたけど、全然大丈夫!
超ウマでした!

3. カレイの干物づくり

続いてカレイをさばきます。

ウロコをとるようです(ごめん、ぼく全然わからないっす。見てるだけw)。

塩水につけて。

で、風に当てながら干します。

アラは煮込んでニワトリにあげたら、めっちゃ喜んで食ってました。

特にコッコちゃんには、肝が人気。
骨もバリバリ食ってました。
よく喉につまらないものだなぁ。

最近産んでくれる卵の殻、柔らかめだったから、これでカルシウム補給して固くなってくれるかな。

そんなわけで、コッコちゃんと共に、余すとこなく、おいしくいただきました。

Mさん、ありがとうございましたー。

自作発酵器でお味噌用の糀を作ります

2019.04.03

暮らしが遊びで学びで仕事、まさに遊暮働学のひとコマでした。
遊暮働学のライフスタイル実現方法について、無料のメルマガで詳しく説明しています。興味のある方は下のフォームからどうぞ~。

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です