家が倒れる?そして起き上がる?

2016年秋のこと。
オフグリッド生活実験フィールドに住むべく、ドッキングハウスを製作していました。
この時までに、二つのハウスを作ってドッキングさせ、広さ5畳、
薪ストーブ付きのドッキングハウス群が完成していました。
さらに住まいを広げるべく、ドッキングハウス3号の製作に着手しました。
この頃はまだ、このハウスのことを「モバイルハウス」と呼んでました。

6日目~家の中に雪が積もりました・・

家というのはもちろんモバイルハウス。
昨日、モバイルハウスの2号と3号をドッキングする作業をしていたのですが、
完全ドッキングはできず、2号と3号の隙間が20センチほどあいた状態で今日を迎えました。
あまり天気は意識していなかったのだけれど、朝起きてみると一面の雪景色でしたね。

この日は2016年11月6日

研究所本部(アパート)の駐車場の雪かきも久しぶりにやった。
ひざ下ぐらいまで雪があって、1時間近く雪かきやってたなぁ。
まあ、特に風が強かったことはなかったので、
モバイルハウスはだいじょぶでしょうと思っていました。
とりあえず見に行くかと午前中見に行ったら、
フィールドへの道路がまだ除雪中で、フィールドへ辿り着くことができません。
しかたなく除雪が終わるのを待って、午後3時半ごろ再び行ってみました。

おー。
当然ですが、しっかりと積もっています。
だけどまあ、ハウスの中は大丈夫だろうとモバイルハウスに入ってみると、

ガーン。
しっかり隙間から雪が入ってきています。
薪は濡れるわ、カーペットは濡れるわで大変。
やむなしです。
テキトーにほうきで雪を掃いて下に落とし、それ以外はあまり気にしないことにしました。

今日はハウスの周りの除雪はしたので、明日、完全ドッキングしよう。

ちなみに井戸は凍らずにまだちゃんと動きました。
ひたすら水を出して、夢の井戸水融雪、やりました。
いずれ太陽光の電力で自動で必要なところに井戸水を撒き続ける、
無料自動融雪システムを構築したいな。

7日目~モバイルハウスが倒れた!

現在のモバイルハウスは、2号と3号のドッキングが未完成で隙間が空いているため、
雪が吹き込んでくる状況です。

今日は晴れ。
明日は雨。
明後日は暴風雪。

今日ドッキング完成させなきゃだめじゃないか!
ということで久しぶりに、朝から一人で作業。
ジャッキでモバイルハウスを持ち上げてブロック(今回は木のブロックを使っています)
を置いて、を地道に繰り返します。

全体的に60センチぐらい上げなきゃいけないので、けっこう大変です。
上げていくと、モバイルハウスが斜めになったりして、段々とブロックが不安定になって。

バターン!

ブロックがすべて崩れ、モバイルハウスが倒れました(泣)
よかったー。
倒れただけで済んで。
倒れたハウスの下敷きになってたらマジでヤバかった。
モバイルハウス、重すぎて自力では脱出できないだろうから。

気を取り直して、ジャッキを使って地道に起こします。

80センチぐらい持ち上げたところで、手で起こすことができました。
というわけで振り出しに戻りました。
また積み上げていきます。

しかし・・

ドシャーン

またブロックが崩れました。
でも今度は斜めになっただけ。
モバイルハウスは斜めになっただけで、踏みとどまりました。
完全に倒れてしまったさっきよりは、一歩前進したか?

だけどまた振り出しへ。

3度目の正直。
一時的に斜めになっても、とにかく水平を保ち続けることが倒れないコツ、
ということがようやくわかってきたので、今度こそです。
じりじりと底上げ、2号側に移動、を、本当に何度も何度もゆっくりゆっくり繰り返します。
結果、あと5センチぐらいのところまで近づいて今日は終了。
これだけ近づけば、雪が吹き込む可能性はかなり低くなったな。

これは2号側からドッキングした3号を見た写真。

手前の3号と奥の2号。

左が3号、右は入口のある1号。

明日は雨が降る前に、早朝作業でぴったりくっつけてしまいたい。
もう少し!

8日目~モバイルハウス3号完成しました!

今日は悪天候になる前に、早朝から作業。
まずは昨日は5センチぐらいあいていたハウス間の隙間をなくすために、ハウス3号をずらす作業。

この作業で、すきまはほぼなくなりました。

あとは屋根などの隙間を埋める作業。
before

after

地道な作業が終了し、これで完成です。

ということでいつものように、時間やお金、振り返ります。
着手から完成までの日数は、約30日ぐらいだったかな。
まあ、30日間毎日作業したわけではないので、あまりこの日数に意味はないけど。

総作業時間は、やはり前回と同様、50時間程度。
昨日のブログに書いたように、モバイルハウスが倒れたりして、
連結にはかなり時間がかかった。

材料費。
27199円。
遂に今回、目標だった3万円切りを達成!
以前、大きな木のブロックをたくさんいただいたおかげで、
前回コンクリートブロックにかかったお金4500円が丸々浮いたのがありがたい。

(この記事は、2016年11月6日7日8日の記事を再編集したものです)

ドッキングハウスは冬の積雪に耐えることができるのか!?

2018.08.16

小屋作りを学ぶ中学2年生

2018.08.08

小屋を自作してみることで、生きていくのに必要不可欠な、衣食住の一つ、
住居について、住まいに最低限必要なものは何かなど、深く考えることができます。
自分の暮らしを大きなシステムに依存させすぎない「自立的暮らし」を目指して、
日々、実践研究を重ね、研究成果を無料メルマガで発信しています。
メルマガを読んでみたい方は、下のフォームからご登録ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です