自作の発酵器!

発酵器

発酵器、完成しました!
きっかけは、発酵の専門家、マザーウォーターさん。
以前、妻がマザーウォーターに行って発酵を学んでいた。
妻を迎えに行って、マザーウォーターのオーナーなかじさんと話をしたとき、
自作発酵器のアイデアをいただきましたので、作ってみました。

最初はクーラーボックスを想定していましたが、より手軽に作れるように、箱は発泡スチロール(約500円)で。

発酵器

上に乗っているデジタル表示のものが、この発酵器の核となる、サーモスタット(約3000円)。
設定した温度で、つないだヒーターをオンオフできます。

中には、ヤフオクで落とした保温トレイ(約2000円)を入れています。

発酵器

保温トレイ自体はかなりの温度になってしまうので、その上にすのこ(約500円)を置き、
そこに発酵させたいものを置きます。

発酵器

白い線につながった金属部分は温度センサです。

ということで、1万円でおつりがくる発酵器、完成しました。
(この記事は、2016年7月5日に書いたブログ記事を、再編したものです)

発酵器お試し!

2018.04.07

発酵器をまともに買うと、数万円ぐらいかかってしまうようです。

必要なものを、できる範囲でなるべく作るという暮らし。
そんな暮らしに興味がある方は、
下のフォームからメルマガに登録してみてくださいね。

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








2 件のコメント

  • 自作発酵器を作ろうと調べていてこのページにたどり着きました。
    1つだけ教えてください。

    サーモスタット(約3000円)ということですが、どこの商品か教えていただくことはできないでしょうか?

    よろしくお願いします。

    • しょうさん、こんにちは。
      アマゾンで、サーモスタットを検索しました。
      コメント欄ではうまくリンクを貼れないので、検索ワードだけ紹介しますね。
      「アマゾン サーモスタット」で、最初に出てくる商品でした。
      商品名のところには、「デジタルサーモスタット 決定版 3路回路 温/冷 両対応 発酵 醸造 燻製 温室 園芸 用の部品」SGY-NET、と書いてあります。
      これで、わかりますでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です