発酵器お試し!

発酵器

先日作った発酵器、ようやく試してみました。
一言でいうと、これはけっこうすごいです。
妻が、麹と甘酒を作ってくれました。
発酵器の仕組み自体はけっこう簡単。
サーモスタットという、温度によって電源を自動で入り切りしてくれるスイッチをつけて、
そのスイッチに保温トレイというものをつないで発泡スチロールに入れているだけ。

まずは麹づくり。
麹を作るには、まずはお米を蒸します。

発酵器

これが発酵器の中身です。

発酵器

蒸したお米を、布にくるんで発酵器にセット。

発酵器

設定温度を40度にセットしました。
写真は現在温度で23度。

発酵器

途中経過。
無事、麹がいい温度(37.6度)に保たれています。

発酵器

できました!

発酵器

続いて甘酒。
外気温25度ほどだったと思いますが、この時、最高温度60度を記録しました。
この時は設定温度は65度にしたのですが、60度が限界のようですね。

発酵器

もっと温度を上げるには、もっと強力な熱源が必要になりそうです。
でも、60度まで上がればほとんどの発酵はできるはず。
(後日、毛布で箱全体を包むことにより、60度以上を実現できました)
甘酒をいただきました。
おいしー。

発酵器

上に乗っているのは、息子がつくった桑の実ジャムです。

ということで、無事に発酵ができました。
保温トレイは直接触るとやけどの危険がありますが、その上にすのこをのせているので、
やけどの危険は少ないでしょう。

妻が言うには、「これけっこう使える!」だそうです。
よかった!

(この記事は、2016年7月17日に書いたブログ記事を、再編したものです)

自作の発酵器!

2018.04.06

必要なものを、できる範囲でなるべく作るという暮らし。
そんな暮らしに興味がある方は、
下のフォームからメルマガに登録してみてくださいね。


「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ
お名前(ニックネーム可) (姓)  (名)
メールアドレス 必須

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です