プレハブを移動

プレハブ

2018年6月。
簾舞への引越しを決め、こちらのプレハブに住むことにしました。

このオレンジのやつを、プレハブAと呼ぶことにします。

別角度から見るとこちら。

プレハブAの隣にも、崩壊気味wのプレハブBがあります。
プレハブBも、直して使おうとは思っていました。

で、五郎さん、このプレハブAとBじゃ狭いだろうから、
畑作業の休憩所に使っていたプレハブCがあるよ、使っていいよとのこと。

別場所にあったプレハブCを、クレーン車で引きずってきてくれました。
動画が見られる方は、こちらをどうぞ。

クレーン車でプレハブを引っ張るなんて、初めて見た光景でした。

で、とりあえず、設置しやすそうなところに設置。

手前の大きなプレハブが、プレハブC。
奥にプレハブAが見えますよね。
AとCの距離は、20メートルぐらいかな。
とりあえず、引っ越しの時の荷物置き場として使えそうかな。

そしてボロボロのプレハブB。
さすがにこれはボロボロすぎるから、下ろしちゃったらいいよとの
五郎さんのアドバイス。

ということでまたまた。

ドシャーン!

鉄骨基礎の上から、プレハブCを降ろしました。

そして引きずる引きずる。

ということでプレハブBは、ニワトリ小屋として使おうかという話になりました。
(その後、色々と話が変わったときの様子は、こちら。)

スーパーハウスの運搬

2018.07.19

引きずるときのド迫力映像です。

ということで、プレハブBがあったところには鉄骨の柱を立てて、空間を作ろうと思ってました。

(つづく)

新しいプレハブが!

2018.09.09

プレハブの中には五郎さん手作りの薪ストーブが!

2018.09.03

まさに遊暮働学で自立的暮らしの山暮らし。
遊暮働学とは、遊びも仕事も学びも暮らしの中にある、というライフスタイルです。
パーマカルチャー研究所では、「遊暮働学で自立的暮らし」の
無料メルマガ講座を配信しています。
こんな暮らしに興味のある方は、下のフォームから購読をお申し込みください。 

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です