9月23日(金)19時『3ヶ月で自分の本を出版する方法』応用編ライブ講座

「いつか自分の本を出したい!…だけど、なかなか…」

子どもが生まれたのをきっかけに、これまでの会社勤めを中心にした生き方に疑問を感じていました。そして、会社勤めとは異なる生き方、働き方を考えて、自分の好きなことを仕事にするという生き方を知りました。

そうして昨年、ついに会社を辞めて、自分の好きなことを仕事にしました。今は毎日、とてもワクワクする日々を過ごしています。

でも、やっぱり自分で仕事を作るということには、大変な部分もありますね。
会社の肩書きがなくて、何物でもない個人として仕事をしていかなければいけないので。

いつか、自分の本でも出版して、

「この本を出したのですが…」

と言いながら話ができたら、今後の仕事にもつながりやすいと思いつつ、なかなかそれは、難しいですよね…

仕事を作り出すには、大変さもありますよね

好きなことを仕事にする。

ぼくも、この考えで、「パーマカルチャー」、「自給自足」に関することを仕事にしたいと思って、2015年から長い時間をかけて、少しずつ形を作ってきました。

自分自身や家族が、自給自足の暮らしをしつつ、一方で、その自給自足のやり方を教えることを収入源とする。

幸い、タイの自給自足の師匠であるサンドットさんが、そのような暮らし&仕事で生きていたので、それが不可能でないことは、感覚的に分かってはいた、つもりでした。

 

でも、実際にやってみると、そう簡単にはいきません。

これまで、勤めていた時には当たり前のようにいた「お客さん」が、仕事を一から作ろうとすると、いません。

「お客さん」と出会うところから仕事を始めなければいけないことに、大きな難しさを感じていました。

本を出版すると、お客さんの方から声をかけてもらえる

この、お客さんと出会う難しさを乗り越えられたのが、「出版」でした。

本を出版したことで、

「本を読みました。感動しました!」

と、お客さんの方から、最初から感動した状態で声をかけてもらえることが増えました。

「そうは言っても、出版なんて、あなただからできたんでしょ?」

とう思うかも知れません。

 

でも、今はテクノロジーが進化した、ありがたい時代です。

Amazonのシステムをうまく利用すると、自分だけで、しかも無料で、本を出版することができるのです。

今回、その方法について、ライブ講座という形でお伝えいたします。

ライブでは、以下のような内容についてお話しさせていただく予定です。

講座でお話しする内容

  • Amazonのシステムを使って、実際、どんな手順を踏むと出版ができるのか
  • 「本を書く」ときの、より具体的な手順
  • 出版するだけで終わらせない、売れる表紙の作り方
  • 2022年末までに、Amazonで自分の本が売られるまでの具体的なロードマップ

  • なぜ、たった3ヶ月で自分の本を出版することができるのか。
  • 出版をすることで得られる未来
  • 商業出版、自費出版、Kindle出版の違い

  • 出版して良かった3つのこと
  • 出版の前に立ちはだかる3つの壁
  • ぶっちゃけ、印税って、儲かるの?

  • 好きなことを仕事にするということ
  • 仕事を作り出すときのポイント
  • 「好きなことを仕事にする」の現実

講座の詳細

【ライブ講座タイトル】
『3ヶ月で自分の本を出版する方法』
応用編ライブ講座

【日時】
9月23日(金)19時〜20時

【配信方法】
Facebookグループの中で、Zoomで行います。
料金をお支払いいただきますと、直後にFacebookグループへの案内メールが届きますので、そちらからグループにお入りください。

【アーカイブ配信】
9月30日までは、アーカイブ配信もご視聴いただけます。

【お申込】
お申込は、こちらのフォームからお願いいたします。
https://permaculture-life.com/p/r/bxY39IZj

【お申込締切】
9月23日(金)18時まで
(グループへの参加と共に、実践練習が始まりますので、早くにお申込いただいた方が、おトクです)

現在800人以上の方に読まれている「遊暮働学(ゆうぼどうがく)で自立的暮らし」無料メルマガ講座

今すぐメルマガ講座を読んでみたい方はこちらから!

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ