エコ村のみんなで畑を作ります

1. エコ村って?

このブログでは、「エコ村」って言葉を当たり前のように使ってますが、あらためて説明しておきます。

エコ村とは、我が家の大家さんの五郎さんとその仲間たち数世帯で開拓した、札幌の山奥の土地です。
五郎さんたちは20年前から、ここを「エコロジー村(通称エコ村)」と名付けてずっと開拓をしてきました。

そしてパーマカルチャー研究所の我が家も、2018年からここに住まわせてもらって、エコ村の仲間に加えていただいたという流れです。
なので、エコ村の敷地の中に、パーマカルチャー研究所(我が家)があるという感じです。

で、ここエコ村の一角に畑に適した場所があるので、

「みんなで畑を作ろう!」

ということになりました。

2. 資材調達

この辺では、野生のシカやクマが畑の作物を荒らしてしまうので、畑を作る上で囲いを作る作業は必須になります。

ただ、この囲いを作る作業というのは、実は相当に大変です。

だけど、みんなでやれば怖くない!

ということで、まずは資材調達。
エコ村の皆さんは、とにかく顔が広い人ばかり。
Sさん、知り合いから譲ってもらったと、大量の中古建築資材を運び込みます。

3. 柵づくり

3-1. 杭を打ち込み

で、まずはこの建築資材の杭を打ち込むんだけど、やり方が豪快!

パワーショベルを使って運んで、


パワーショベルで頭を打ち込む!

すげー。

エコ村は、こうやってパワーショベルを駆使して、開拓したり色んなものを作ったりしてきたのでしょう。

3−2. 杭を連結

そしてそれぞれの杭を、金具を使ったり、

連結用の部分に資材をつなげたりして、

ネットを張るための柵を作っていきます。

4. タネや苗を植えながら

そして同時進行でタネや苗を植えていきます。

マメを植える息子。

ジャガイモを植えるMさん。

次々に苗の定植と支柱立てを行なっていく五郎さん奥さん。

慣れてる人たちだから作業がめっちゃ早い!

5. ネットを張る

柵ができて、ようやくネットを張れます。

畑らしくなってきました。

6. 水場も作っちゃいました

開拓して各自の家を自分で建ててきたエコ村の人たちのとっては、水場を作るのもお手の物。

同時進行で、一気にいろんなことが進んでいきます。

ネット張ったと思ったら、もう水撒いてる。めっちゃ早い。

7. 最後はやっぱりみんなで夕飯

そして最後はやっぱりみんなでご飯です。

仲間とみんなで作業、みんなでご飯。
なんかもう、これだけで十分幸せっす。

札幌市からファームエイジの電気柵を借りて設置します

2019.08.13

バス停まで徒歩53分〜車のない10連休をいかに過ごすか(壊れた車編)

2019.08.11

暮らし自体が、遊びで学びで仕事。
そんな遊暮働学の暮らしを営んでいます。遊暮働学メルマガも配信していますので、読んでみたい方はこちら↓からどうぞ。

現在100人以上の方に読まれている「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ講座

今すぐメルマガ講座を読んでみたい方はこちらから!

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です