トランジション・タウンでのつながりを生かして

1. トランジション・タウン

1-1. トランジション・タウンとは

トランジション・タウン(TTと略すことが多い)とは、化石燃料大量消費社会から持続可能な社会へ、町ぐるみ(タウン)で移行(トランジション)していこうという活動です。

2005年、イギリスの小さな町トットネスで始まったこの活動は、今や全世界に広がり、世界では1000以上、日本では50以上の地域で取り組まれています。

北海道には、二つのトランジション・タウンがあり、一つは豊浦にあるトランジション蝦夷、そしてぼくがコアメンバーとして活動している、トランジション・タウン札幌があります。

1-2. トランジション・タウン浜松の金澤さん

2018年の11月に、日本の中で最も活動的なトランジション・タウンの一つ、トランジション・タウン藤野に行ってきました。

トランジション・タウン藤野に行ってきました

2018.11.17

その時に、トランジション・タウン浜松(以下、TT浜松)の女性、金澤さんにお会いしました。

金澤さんは、TT浜松の中心的なメンバーの一人です。

TT浜松も、地域通貨を使ったり、拠点となるコミュニティカフェに人が頻繁に出入りしているなど、活動的なTTの一つです。

2. 娘さんの引越しで

そんな金澤さんですが、娘さんのMちゃんがこの春から札幌の大学に通うことに決まっていました。

出会った翌月の12月に、物件を決めるため札幌に来られた金澤さん一家。

せっかくだからと、TT札幌のメンバーと金澤さん一家で一緒にご飯を食べることに。

その時に、Mちゃんが札幌で一人暮らしをするのだけど、もしも札幌で余っている家電があるのなら、Mちゃんの新居で有効活用できないかという話になりました。

さっそくTT札幌の人たちに声をかけてみると、「うちの使ってない家電、使ってもらっていいよ」と、たくさんの声をいただき、色々と調整をして、洗濯機と電子レンジをMちゃんに使ってもらうことになりました。

電子レンジとMちゃん(写真は許可いただいてますw)

3. トランジション・タウンでの喜び

そんなわけで、今日はその家電を運ぶお手伝いをさせてもらいました。

で、「単に買わずに済んだね」とかいうこと以上の、多くの喜びがありました。

  • 電子レンジを提供してくれたお友達夫妻が、電子レンジを渡しに我が家に会いに来てくれて、久しぶりにゆっくりお話ができた
  • 本州に引っ越してしまって最近会えていなかったB君が、洗濯機を提供してくれるとのことで、久しぶりに連絡をとって元気な声が聞けた
  • 洗濯機を運ぶドライブに同乗させてもらって、金澤さんご夫妻と色々な話ができた
  • Mちゃんの新居に洗濯機を運ぶお手伝いをさせてもらって、新生活のワクワクを感じさせてもらった
  • 金澤さんが、お礼にと持ってきてくれた浜松の夏みかんが、とてつもなくウマかった
  • ある人にとっての不要な家電を、有効活用できた!

と、色々と嬉しいことがあり、とても豊かな気持ちになれたのでした。

遠く静岡の浜松が、なんとなく身近になった気もしたし。

こうしたつながりが作りやすいのも、トランジション・タウン活動の魅力の一つだなぁと思ってます。

トランジション活動の1週間

2019.04.12

トランジション・タウン藤野に行ってきました

2018.11.17

地域での助け合いに関することについても、メルマガの中では触れています。メルマガを読んでみたい方は、下のフォームからご登録くださいね。

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です