サハイナンから札幌への移動はこんな感じ

2016年度、3か月間のタイのパーマカルチャーファーム、サハイナンでの滞在を終え、帰路につきました。
タイの滞在では、基本的に観光や旅行気分はありません。
タイにいる間は、基本的にサハイナンでの滞在しかしていません。
だからこの、札幌への移動だけが唯一の旅行気分を味わう時です。
サハイナン~札幌間の移動はこんな感じで移動しますので、これからサハイナンに行く方の参考になれば。

89日目~サハイナンを出発

3ヶ月のサハイナン生活を終え、今日から4日間かけて札幌に帰ります。
朝食を食べてみんなにお別れを。
みんな最後だからと集まってくれて、一緒に写真を撮ってくれました。
サンドットさんファミリーと。
rblog-20170304085525-00.jpg
そしてフランス人ファミリーも。
rblog-20170304085525-01.jpg
フランス人ファミリーとは、昨日近くで山火事になったけど、奇跡的に家が無事でよかったと、喜びを分かち合いました。
迫りくる火にみんなで立ち向かっていったので、なんか絆がさらに深まった感じ。
また会える気がしています。

今日のホテルはラオスに行く前に泊まって、とてもよかったサイアムガーデンバンガロー。
朝9時に行って荷物だけ預かってもらうつもりが、早めにチェックインさせてもらって、部屋に入れてもらえました。
ホットシャワーもあるし、ベッドもあるし、快適。

ひと休みして、街へ繰り出します。
街に出た時に困るのがトイレ。
日本ではコンビニにトイレがありますが、ここのセブンイレブンには、トイレはありません。
だけどここら辺の店は、ほとんどが自宅兼店舗。
お店のトイレはありませんが、自宅のトイレを借りることはできるのです。
なので仲良くなったお店の人のところに行って、トイレを借ります。
トイレを終えてスッキリした娘、お店の前で。
rblog-20170304085525-02.jpg
ちなみにここは洋服屋さんで、日本に興味があるのでうちらによく話しかけてくれるのです。
なぜ日本に興味を持つタイ人が多いのか。
答の一つはこれです。
rblog-20170304085525-03.jpg
山田くん、タイ語しゃべってます。笑
日本のアニメがたくさん流れているようなのです。
日本製の車やコアラのマーチなどのお菓子なども、日本に興味を持つタイ人が多い理由の一つと思われます。
おかげで日本人に対して好意的な人が多くてありがたいです。
お昼はいつものようにカオニャオ(もち米)だけを食べていました。
するとなんと、セブンイレブンの隣でちくわ揚げを売っているおじさんが、売り物のちくわ揚げをプレゼントしてくれました。
rblog-20170304085525-04.jpg
ひと月前にも、このおじさんは、ぼくらにチキンナゲットをくれました。
ありがたやありがたや。
その後お世話になったバナナ屋さんに、おみやげのピーナッツを持ってあいさつに行きました。
rblog-20170304085525-05.jpg
そしてピーナッツを渡すと、いいからいいから、子どもたちが食べなさいと、ピーナッツを受け取らず、逆にまたバナナを2房もいただいてしまいました。
いただいてばっかり。笑

いつものカフェにもあいさつに行って、ホテルへの帰り道。
自分とは、一時別行動をしていた家族が、今度は別の見知らぬおばちゃんに手招きをされたようです。
おばちゃんのところへ行ってみると、冷蔵庫からおかずを3品ほど出して、おいしいからこれ持ってって食べなさいとのこと。
どういう仕組みなんでしょう、このトゥンチャンという町は?笑
おかげさまで、今日は夕飯を買う必要がありませんでした。
rblog-20170304085525-06.jpg
ほんと、トゥンチャンはいいところだなぁ。
ありがとうございました。

90日目~トゥンチャンからバンコクへ

今日はいよいよ住み慣れたトゥンチャンを離れます。
昨日泊まったサイアムガーデンバンガローも、自然の中にバンガローがある雰囲気でとてもいいところでした。
rblog-20170305065753-00.jpg
朝7時にタクシーで、90キロ離れたナーン空港へ向かいます。
ナーン空港に到着。
飛行機の時間まで空港をウロウロ。
rblog-20170305065753-01.jpg
飛行機乗り込みまーす。
rblog-20170305065753-02.jpg
ノックエアー、いつみてもかわいい飛行機です。
バンコクに到着して今日のホテルへ行ってみると。
rblog-20170305065753-03.jpg
トゥンチャンと全然違う大都会!
ホテルの建物はなくて、このどデカい建物の一部をホテルとして使っています。
部屋自体は広くてキッチンもあっていいですが、室内はダメですね。
子どもがパワーを持て余してとても室内では過ごせません。
ということで暑い中ですが、散歩。
近くにマーケットを見つけてテンションが上がるうちら。
rblog-20170305065753-04.jpg
まずはスムージーを注文。
rblog-20170305065753-05.jpg
続いて夕飯選び。
rblog-20170305065753-06.jpg
ウマそー。
rblog-20170305065753-07.jpg
といった1日でしたが、思ったのは、ホントに都会はお金を使う以外にやることがないなぁということです。
サハイナンにいた頃は、時間があればたき火をしたり、水やりをしたり、収穫に行ったり。
暮らし自体が遊びでもあり仕事でした。
子どもたちは落ち葉や枝などを拾ったり走り回ったり。
でも今日はそんな場所はなく、街に出ると魅力的なモノがたくさんですが、それには全てお金がかかるため、いくらお金があっても足りない気になってきます。
やはり人間には自然が身近に必要なのでは?
少なくとも我が家には必要であることを痛感した1日でした。

91日目~バンコクでの1日

今日は経由地の韓国行きの深夜便に乗り込む日。
深夜便なので、昼間はゆっくり過ごします。
まずは朝起きてマーケットへ。
7時前なのに半分くらいのお店が開いていてすでに活気づいています。
rblog-20170305065807-00.jpg
それぞれ屋台で食べたいものを注文して朝食。
rblog-20170305065807-01.jpg
自分が選んだのはバミーナーム(麺、汁あり)。
普通のラーメンをイメージしていましたが、つけ麺風に汁と麺が別れて出てきました。
rblog-20170305065807-02.jpg
去年も深夜便で帰国したのですが、荷物も大きいし外は暑いし子どもは小さいしで、昼間過ごす場所がなく持て余してしまいます。
そこで今年は新たな作戦を。
空港の近くのホテルを一泊分取って、そこを拠点に半日を過ごし、その日のうちにチェックアウトしてしまうという方法をとりました。

ホテル到着。
rblog-20170305065807-03.jpg
ここに泊まるのは3回目で勝手がわかっているのでホッとします。
そして近くのマーケットでご飯を食べたり、
rblog-20170305065807-04.jpg
セブンイレブンを見学したり。
パックンチョが他のお菓子の倍以上の値段で売られていました。
rblog-20170305065807-05.jpg
やっぱり繊細な日本人が作ったお菓子はおいしいのでしょうね。
それでもかなり時間があるので、妻の持っていたウクレレを弾いてみました。
高校生の頃ギターでの弾き語りをしていたのですが、その楽しさを思い出しました。
ミスチルのsignを弾きまくり。
久しぶりにトイレを我慢するほどのおもしろさで練習しまくりました。
そうしていたら息子が、英語で歌ってみてと。
歌詞の英訳を二、三行挑戦しました。
そしたらこれもおもしろい。

「届いてくれるといいな
君のわかんないところで ぼくは今奏でてるよ
育たないで萎れてた新芽みたいな音符(おもい)を…」

歌詞にあいまいな表現が多いので、英訳するにはその歌詞が何を意味しているか、深読みしなければいけないのです。
歌っている時にはそこまで考えない歌詞の意味を考えたりして、久しぶりに国語のおもしろさを感じました。
去年エコビレッジ体験塾で、みんなで短歌を詠んで、その意味をみんなで想像し合っていた時のようなおもしろさ。
今度授業でやってみようかな。

陽が落ちた頃、ホテルの無料シャトルバスで空港へ。
タクシー代が浮いて助かります。
そして今回初めて、ウェブチェックインなるものを利用してみました。
これを利用すると、チェックインは既に住んでいるので、「ウェブチェックインカウンター」というカウンターへ行って荷物を預けるだけでいいのです。
rblog-20170305065807-06.jpg
写真真ん中のカウンターがそれ。
右側はエコノミークラスカウンターで大行列。
左側はハイクラスのカウンターでほとんど並んでいないのですが、ウェブチェックインカウンターは左側のハイクラス並みに人が少ない。
これはいいです。
次回以降も利用しようと思います。

出国審査を終えると中は豪華なお店がたくさん。
去年は工事中で何もおもしろくなかったのですが、大工事が終わって羽田のような雰囲気の、豪華な空港に生まれ変わったようです。
rblog-20170305065807-07.jpg
たくさんの経験をいただいて、いざ帰国便に搭乗。
rblog-20170305065807-08.jpg
楽しみにしていた機内食はビビンバ!
rblog-20170305065807-09.jpg
機内ビールが飲み放題!
といっても、以前風邪をひいている状態で国際線に乗って通路で倒れたことがあり、機内で体調を崩す怖さを知っているので、一本に抑えます(エライ、自分)。
そして今回見たビデオは、シンゴジラ。
政府が舞台なのがおもしろい。
政府の雰囲気って、ほんとにああいう感じなのかな。
起きたら韓国に搭乗だ。
おやすみなさい…

92日目~そして札幌へ…

午前5時、うちらを乗せた飛行機が韓国に到着。
空港で次の札幌行きの飛行機を5時間待ちます。
やっぱり機内はよく眠れず、子どもたちは搭乗口で爆睡。
rblog-20170305193038-00.jpg
時差を考慮すると、まだタイ時間だと3時だしなぁ。
朝食は、妻が見つけた無添加の店で太巻きを。
rblog-20170305193038-01.jpg
疲れてうとうとしたりしているから、空港での待ち時間の5時間はわりとすぐに過ぎ、最後の新千歳行きの飛行機へ。
そして機内食!
rblog-20170305193038-02.jpg
今日はビーフかチキンを選択できて、ビーフを選択。
だけどチキンにはライスがついているのに、ビーフについている主食的なものはジャガイモ。
うーん、自分はライスの方がいいなぁ。
ということで次回以降は、毎回チキンにするだろうな。
まあビールが飲めればなんでもいいんだけど。
そして3日半の長旅の末、新千歳空港にとうちゃーく。
rblog-20170305193038-03.jpg
聞こえる言葉全て日本語。
楽だー。
どんなトラブルがあっても大丈夫な気分。
バスで家の近くのアパホテルまで移動。
夕飯は家で済ませるつもりだったが食材が全くないことに気づき、アパホテル内の「海へ」で外食。
メニューすげー、うまそー。
rblog-20170305193038-04.jpg
タイのメニューは文字と値段しかないのがほとんどなのに、日本のメニューはきれいな写真付きだから食欲をそそられて、つい必要以上に頼んでしまいそうになるなぁ。
久しぶりの日本食、ウマい。
rblog-20170305193038-05.jpg
そしてタクシーに乗って自宅へ。
rblog-20170305193038-06.jpg
車が埋まってる。
バッテリーは上がってる。
予想通りではあるけど、これが大変。
今日は車の掘り出しに2時間かかってしまった。
バッテリーも、徒歩1分のところにある中古車屋さんで交換してもらい、最低限の明日からの生活に備えました。
フィールドは見に行けなかったな。

今までの旅行では帰国は気が重かったのだけど、今回は帰国も楽しみでした。
今回のタイの経験を経て、日本での暮らしをどう、さらに快適にしようかなぁということを色々と考えて、ワクワクするのです。

今後もおもしろそうなことを色々と試していきたいと思います。

(この記事は、2017年3月2日3日4日5日のブログを再編集したものです。)

川へ行って海苔を採ってきます

2018.11.03

タイで学んできた、暮らし自体が、仕事で遊びで学びであるというライフスタイル「遊暮働学(ゆうぼどうがく)」。
帰国後も日本で遊暮働学を実践するために、様々な試みをしています。
そんな遊暮働学のライフスタイルを日本でも実現する方法を、無料のメルマガ講座で配信しています。
興味のある方は、下のフォームからご登録ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です