サハイナンに到着しました

昨日の昼過ぎ、サハイナンに到着しました。

写真は、うちの子がさっそく現地の子と遊んでた時に撮った写真。
サハイナンのすぐ近くに住んでいる、6歳のタイ人の女の子。

サンドットさんファミリーに会ったり、無事到着できてうれしかったけど、一番うれしかったことは、2年前に建てたマイホームがちゃんと壊れずに建っていたこと。

さすがに崩れているようなことは想像してなかったけど、トイレやシャワー、あとは泥で作ったキッチンなんかは、色々と修理が必要なんじゃないかなぁと思ってきてみたら、ほとんど修理は不要だった。

そして、けっこう快適!

去年来たときは、家は屋根と床しかなかったのだけど、去年3ヶ月かけて、キッチン、シャワー、トイレ、照明などを作った。
で、作ったと思ったらもう帰国だったから、あまりその快適さを味わってなかった。

だけど今年は、いきなりこの快適な家に住めるのがすごくうれしい。

そして今年の挑戦は、サハイナンにいながら日本と同様にブログ執筆などの情報発信を続けること。

そのために必要なのは主に二つ。

・パソコンを充電するための電源
・通信環境

パソコンを充電できる電源はまだないので、今年は太陽光を設置することがスタートになるかな。
今は、昨日まで泊まっていたホテルで充電してきたパソコンで書いてます。

そして通信環境。
タイのSIMカードシステムがよくわかりません。
どのようにわけわからないかは、また後日書きますね。

とりあえず今は、使えている状況だけど、いつ使えなくなるかわからない。
プリペイド式SIMカードのようなので。

そんな状況ですが、とりあえず無事に到着して、サハイナンライフ始まりました。
今年はどんな学びがあるかなー。

たき火でパンを作る

2019.01.23

タイのマーケット、屋台での食事

2019.01.21

暮らしそれ自体が、遊びで学びで仕事である、という意味の「遊暮働学」。
この言葉は、サハイナンに滞在していた頃のライフスタイルを言葉にしたものです。
こうやってシンプルに生きれば、日々の暮らしでの余計な悩みはなくなるのではないかと考えています。
遊暮働学についての詳しいことを知りたい方は、下のフォームからメルマガを登録してみてください。
メールアドレスだけでも登録できますよ。

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です