ピカピカの蛇口を取り付け

山暮らしのキッチンづくりシリーズ第2話です。
過去のキッチンづくりシリーズはこちら。
まだ1話だけだけど。

第1話

底板を張り替えて中古キッチンを復活

2018.11.14

第1話でキッチン台を置いたものの、肝心の水道ができていないので、それを作らなければいけません。

ウォーターサーバーに毎回水を入れるのは大変なので、早く水道をつけたい。

ありがたいことに、ご近所の超絶おいしい自然食品カフェ「おうちごはん野の」さんから、家に余っていたからと、ピカピカのキッチン用の蛇口をいただきました。
野のさん、ありがとうございます!

ちなみに、過去に「おうちごはん野の」さんについて書いた記事がこちら。

想像を超えた自給的暮らし、簾舞の五郎さんとは?

2018.06.14

いただいた蛇口の設置方法を、ホームセンターで勉強。

普通に暮らしていたら、決して見ることのないキッチン下の配管。
ふむふむ。
こんな風になってるのねー。
さすがスーパービバホームさん。

この辺に設置できればいいかなぁ。

ということで、いざ、取付。
まずは蛇口を設置する台の製作。 

この台に、蛇口の固定部品を取り付けます。

この固定部品に、蛇口を取り付ける構造。

へぇ~。

無事、台に蛇口を固定できました。

そしてこの台をキッチンの部分に固定して、蛇口の位置決めは完了。

思わず蛇口を操作して水を出したくなりますが、当然ながらまだ水は出てきません。
これから、台の下から右側に出ている給水管を、水道に接続しなければならないのです。
だけど水道までは16メートルほど。
蛇口から水道まで、水道管を設置していかなければならず、ここから長い道のりが始まります。  

(キッチンシリーズ、つづく)

キッチン水道、水抜き用のバルブを取り付け

2018.12.02

底板を張り替えて中古キッチンを復活

2018.11.14

まさに遊暮働学で自立的暮らしの山暮らし。
遊暮働学とは、遊びも仕事も学びも暮らしの中にある、というライフスタイルです。
パーマカルチャー研究所では、「遊暮働学で自立的暮らし」の無料メルマガ講座を配信しています。
こんな暮らしに興味のある方は、下のフォームから購読をお申し込みください。 

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です