自分で服を作る暮らし〜こだわりは天然素材で

こんにちは。
こちらのブログに自ら登場するのは、「はじめまして」になります。

1. 嫁のSaeと申します。

今更ながら、なぜ登場してきたかと申しますと(笑)、薪割りやら畑やら暮らしのこともあり、お仕事もありで結構忙しいYuki。
「読みやすくまとめる」、というのは私の苦手分野なので、Yukiに任せてきましたが、こちらのブログ更新がままならないそうなので、何かお手伝いできることないかなーと、始めてみることにしました。

もうすでにそれを助けてくださる登場者の方がいらっしゃることにも感謝しながら、私も少しだけできることをしてみようと思います(^-^)。

「伝えること」があまり得意ではないので、読みずらい点も多々あるかもしれません。
けれども、なんどもつみかさねていくことで、改善されていったらいいなと思っております。できれば、亀さんの足取りよりも早く成長していけたらいいなって思うのですが、できることからじっくりと焦らずに。

どうぞよろしくお願いします。

さて、何からお伝えしましょう♬
って、迷いましたが、今回は自己紹介に付随することから始めさせていただきますね。

2. 私の大好きなことの一つ、「ミシンを踏む」こと。

4年前から、猛烈に好きなことにであってしまって、気づけば家庭用ミシンとロックミシン二台が我が家にお嫁入り。

小さな我が家に「どう設置しよう?」って考え抜いてできた、「The 一畳ミシンスペース」。
私、あるものでDIYもどきをするのは結構好きなんです。
なので、結構重いミシンに耐えうるよう補強したカラーボックスに板を渡してミシンを二台。

業務用3000メートル巻きの糸を始めとする小物たちは、廃材を100均で購入したL字型で固定して棚に置いて。

ちなみに布はハンモックの中に、笑。

ミシンを踏みたすぎて増えた手作り服たち。
肌着も含めて子どもたちのお洋服と、私のお洋服は全部手作りになりました。男性物もトレーナーやTシャツなどは仕立てて着てもらってます。

2-1. できたばかりのキノコエプロン

背中の肩紐とスリットが可愛くて、ワンピースのようにきています。

家族の服を作ることで経験を踏んで、お仕立て屋さんをやるのが今の夢なので、コットンやリネンなどの天然素材で色々挑戦!!
自分で仕立てたら大人用のレギンスも含め、オール天然素材でできてしまうのが嬉しい。もちろん、頂いた古着を解体して仕立てたりも。

2-2. 冬用にスエットで仕立てた厚めのレギンス

洗濯時のマイクロプラスチック流出も、捨てた後のどろどろーって溶けていく感じもないものを使いたい。
化繊のものって燃やすとプラスチックと同じような状態になるんです。タイの村で真っ黒になったシャツを焼却した時に、化繊だけがいつまでたっても燃え尽きず、匂いとともに溶けたプラスティックが土と混ざって固まって残ってることにびっくりしましてね。たとえ焼却場で燃やしてもらうとしても嫌だなって思ったんですよね。
だから、まず、こだわりは天然素材であること。

そして、仕立てたものをありがたいことに子供達も喜んで来てくれるのです。
自分自身も好きで仕立てた服を身につけてる日常が嬉しいので気付けばあれからずーっと手作り服街道まっしぐらです、笑。

2-3.ちょっとお姉さんになってきた娘にキキワンピース

ニット生地より布帛生地(ふはくきじ。伸びない生地)の方が乾くのが早いので最近こんなワンピースをよく仕立てています。

3. 暮らしの中で必要なものを生み出す

暮らしの中で必要なものを自分で生み出せるっていいな、って思うのは、直し方がわかるということ。
家族の服がほつれた時、穴が空いた時。
場所によって、ダーってミシンをかければ次から着る時の強度も上がりますし、砂場で遊んで袖だけ特に真っ黒になってしまってもそこだけ取り替えることもできちゃいます。

そしてね、自分で生地を購入して作ってみることで、なぜ市販のお洋服がこんなに安いのか、思いを巡らすきっかけを頂いているんですよね。
生地代にすらならないくらいの値段で完成品を購入できるカラクリはどうなってるのかなあ、って調べながら、自分はどんなアクションで暮らしていきたいかな、って、考える。
そうして無理せずできる範囲で目の前の自分の行動を変えてみる。

そんな習慣がつきつつあり、暮らしのなかでの疑問に目を向ける習慣がだいぶつきました。

そうして知れることを知った上で、改めて、「自分はどう暮らして行きたいかな。」って思いを巡らせる。
そして次に、「いま、こう思ったことを、どうしたら自分はアクションにうつせるかな?」って考えてみる。
大きな変化ではなく、今できるアクションからでないと始めらないので、欲張らず、今の家族の状況も踏まえて自分ができることからから小さく小さく動き始めよう。

そんな風に今を積み重ねてきて、気づけば、こんな山暮らしもさせてもらっています。
たくさんの方に支えてもらいながらの中で感謝しながら暮らしを営んでいます。

初回早々、長くなりました。
お付き合いいただきましてありがとうございます(^-^)
ご縁に感謝いたしまして。

【妻ブログ】ふんどしパンツを購入くださる方へ。

2019.04.18

【妻ブログ】ふんどしパンツ歴4年。ふんぱん作家になって初のお話し会をさせてもらいました。

2019.04.07

現在100人以上の方に読まれている「遊暮働学(ゆうぼどうがく)で自立的暮らし」無料メルマガ講座

今すぐメルマガ講座を読んでみたい方はこちらから!

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ