【妻ブログ】カシューナッツ焼き。

焼けた焼けたカシューナッツ。

結構大変カシューナッツ。

カシューナッツを鍋でいります。

f:id:yurukkosae:20190306073659j:image

漆油が出てからにあぶらがまとわりついたらきのボッコで、カシューナッツに火を入れる。

f:id:yurukkosae:20190306073655j:image

油に火を注ぐから、ゴーゴーと音を立てて火が上がるので注意!

音と油の乾き具合を見て地面に火の上がるカシューナッツを転がし、ボッコで叩いて消す。

f:id:yurukkosae:20190306073704j:image

冷めたらボッコで殻を割ってできたのがこれ。

甘くて香ばしくて美味しい。

ちゃんと加工しないと喉がただれるほどの漆油。

いくつかは焦げちゃうから全部は食べれないカシューナッツ。

こんなに加工が大変なのに市販のカシューナッツは安い。

ココナッツオイルもね。

いつもおやつがなくてもいい。

たくさん食べれなくてもいい。

自分や自分の好きな人が作ってくれたものが一番ありがたくいただける。

うちの調味料は味噌、塩、醤油、おす、時々油。おやつのためにオーガニックのナッツとかも買ってました。だいぶ厳選されたけどもね。

今はもっと自分で作れるものをそばにおきたいとおもう。

自分のそばにいてくれる人が作ってくれたものをそばにおきたいと思う。

そういうものを食べることで自分の心が満たされてゆくのを感じ、日々のちょっと嫌だったこと、悲しかったことが癒されて行くことを知ったから。

いいものをとるからいいんじゃないみたい。

愛を感じられるもの、自分の好きが溢れたものを目の前に置くことがいいみたい。

オーガニックだからいいと思ってたけど、自分の心地よさに向かうということはそういうことじゃないらしいと気づいた今日この頃。

札幌の今年の雪解けは早くなるみたい。

野草と幾らかのご飯、お味噌汁。時々お肉。

楽しみだな、この気持ちで札幌で暮らすことも。

のんびりゆっくり満たされた生き方をしたい。

そう思ってきた願いが気づかせてくれたこと。

ゆっくりゆっくり日々が輝いて行く、そんな感じがします。

【妻ブログ】ジャングルご飯。

2019.03.07

(この記事は、2019年3月7日の妻のブログを、再編集したものです)

パーマカルチャー研究所では、今すぐにでも、パーマカルチャーを始めることができるような実践的な情報を、メルマガで配信しています。興味のある方は、下のフォームから登録してみてください。メールアドレスだけでも登録できますよ。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です