【妻ブログ】ジャングルライフで食事スタイルを変えて身体がどれだけ変わるか試してみる実験。

ジャングルライフで全く違う食生活を経験。

シンプルであること、より自然に近ずくことで、どれだけ自分の力で身体が変わって行くかを実験してみることにしました。

わたしは四年前に甲状腺機能低下が発覚。その頃2年くらい、身体がだるくて坂道を登るだけでの息切れに悩んでいました。大ちゃんが自然療法医にかかったことで、わたしの不調がどこからくるか発覚したんです。その頃は、起き上がるのも苦痛な日が続いており、お医者さんにもう寝ててください、って言ってもらったことで半年くらい寝たりおきたりして暮らしていました。何年もかけて、不調になった身体はすぐ良くなるわけではなく、今もこれからも少しずつよいほうにかわってゆくのだとおもいます。ゆっくり自分の身体とこころを見つめながら生きることが楽になるように歩く日々。

毎年するジャングルの暮らしの中で心を癒すこと、毎日の排泄、血液がにごらないようにこころがけることがどれだけ日々を楽にしてくれるかを実感。ここでの暮らしが食物繊維の多い食事、それによる排泄、泉から濾過されただけの生水、手作りの竹炭の歯磨き粉の使用。日々身体を動かす暮らし、気持ちのいい景色、音色、お日様の暖かさと、鳥の声。ヒーリングなんて考えずとも、気持ち良く過ごせる日々。

わたしの不調の原因の一つに身体が慢性的になんとなく痒くなるほどの腸からくるカンジタの存在がありました。リーキーガット症候群からくるものではないかとおもいます。それを本気で、自分の力で変えて行こうと思ったのです。

お砂糖はもう数年減らし続け、ここのとこはたまの米飴程度。ここにきて、あまいものは週一回のカフェとバナナ程度にしています。こちらのカフェには甘くない飲み物がホットコーヒ以外にない、、、、驚!モカに入れるミルクも元々のお砂糖入り。通常はそれにさらにお砂糖が投入される、驚!!だからお砂糖なしで頼むモカを二週に一回程度。

食事は繊維質めいんで。サンドットさんご飯はいくらかの油でニンニクやハーブを炒め、大量の野菜を炒めて醤油で味をつけることが多いのでそれを玄米ご飯と一緒にいただきます。。醤油には保存料が入ってるけどね、こんなに繊維質入ってたら、1日量で大したことないかとおもうのでこれはオッケーにしれいます。これに生の鞘付きマメ、ナス、キュウリをチリとニンニク、レモンの入ったソースにつけて食べる日々。

そうそう、ここではカシューナッツの苦い葉っぱやオジギソウもたべます。具体的にはヘチマも花が咲いたアブラナのくき、かぼちゃのツルまで雑草のようなハーブまでもたべる。今の札幌の暮らしでは考えられないほどの野菜とは違う明らかな繊維質を毎日とっています。直接木からとった葉っぱやつる、実ではなく野菜のツル。ごぼうやサツマイモ以上のthe 繊維、笑。それと玄米ご飯で食べればそれはそれはお通じが良くなるここでの暮らし、笑。(札幌に帰ったら探してみようと思います。たべられるはっぱやツル。そうすれば食料確保がもっと簡単になる、笑。何よりここからの食物繊維はかなり強力だし、噛む分、満足度が高いし、そんなに急いで食べれないのがいいなーと思います。)

とにかく日頃のものでお通じを促し通る身体にするよう心がける。

それと歯磨き粉に竹炭を使います。竹炭はここでは食あたりにも効果を発揮する優れもの。これを歯磨きのたびに摂取。腸を綺麗にしてくれることを期待。

あとは梅肉エキスを持ってきたので朝のジンジャーティと一緒にのんでいます。

そして食べ過ぎないようにすれば変わって行くとふときづいたのでやってみます。

お水は泉の水。微生物も入ったお水なので結構有効だと思っています。これを毎日こまめに取れるほどの食事量にすると、血液の流れもいいようなのです。

2ヶ月後の自分の身体が楽しみです。

自分で自分の身体のケアの仕方を考えられるっていうことが嬉しいしたのしい。

何年も漢方を飲み続け、何年も整体に通い、次々に不調を直してはまた次々と出てくる不調に参っていた日々。そこから抜け出し、自分の不調とどう向き合って行くかが見えてきた今日この頃。身体が辛くて動けなくては怒って爆発していた自分を今ようやく冷静に振り返っています。でもこの経験があったから今ようやっと自分の不調と向き合える。不調を憎むのではなく、不調がどこからきたものなのか、変えねばならない心の置き方、生活習慣を探して行こうとする今の自分のやり方にきぼうを見出しています。

不調にならざるを得ない何かがあった。そこと向き合わなければ不調はまた繰り返す。だからそこをしんけんにこえていけば、自分の無理をしていた部分がわかり、生きるのが楽になると気づけました。不調は希望でもある。

自然療法の先生や不調のわたしを支えてくれた友人と家族に感謝しています。

不調を受け止めそれを超えてくれた自分の身体にも感謝をしないとね。

ありがとう。

自分の倍の大きさのバナナの葉っぱで遊ぶ娘。

寝てみる。

f:id:yurukkosae:20190130224450j:image

隠れてみる。

f:id:yurukkosae:20190130224717j:image

カシューナッツの木に引っ掛けて船の帆にしたらしい。これから海を渡るそうな。

f:id:yurukkosae:20190130224805j:image

楽しいね。

ついでに干してるマットレスの上で紙の人形で遊んでる二人。

現地の子みたいだよー。

一日中あそび続けます。ひたすらあそび続けます。

今日ものどかないい1日だね。

f:id:yurukkosae:20190130225039j:image

(この記事は、2018年1月30日の妻のブログを、再編集したものです)

【妻ブログ】アレルギーと共に暮らしてる日々。その②

2019.02.12

【妻ブログ】ライフラインのない暮らし。

2019.01.30

自立的暮らしでは、自分の体についてもなるべく自分たちでケアできるようなことを目指しています。
自立的暮らしについての考え方は、「遊暮働学で自立的暮らし」メルマガで詳しく配信しています。
興味のある方は、下のフォームからご登録ください。
お名前なしでも、メールアドレスだけで登録できますよ。

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です