【妻ブログ】好き、というきもち。

我が子を見ていて思うことがある。

 

大好きな人がいるっていいなって。

 

大ちゃんにも、こゆにも、大好きな友人がいる。

しかもそれが両思いで(同性もいれば異性もいます、笑)、一緒にいられない時間が続いても、手をつなげばすっと遊び始める。

 

このミルクとコーヒーがまじあうような、ココアとミルクがまじあうような感じ。

一緒にいると安心できるし、楽しい。

つまらなければ今日はなんかつまんない、って口に出して言えちゃう関係。(でもしばらくしたら遊んでるから、そんな時間も共に味わいつつ)

もちろん時には一緒にワルをしてみたり。(特に男子!)

そばにいるだけで気持ちを寄せ合ってるのがわかるこの感じ。

家族と同じように大事だから、ちょっとした時に、これをあの子にあげてね、とお願いされることも。

 

こんなに心を合わせられるって素晴らしいことだよね。

 

もちろん大好きな大人もいる。

大好きだからあえて好きって言わない。

好きであることが彼らにとって当たり前のことのように。

んで、好きだから、その人の行為をよくみてるしかんじてる。

 

そして何よりもね、安心してそこに居られるみたい。

 

大好きな人を見つけられる力は子どもの方が柔軟だろうと思う。

 

好きがあるから大好きになる。

小さなうちに大好きな人との関係を結べたひとは、それからも好きな人をいろんな場所で作れるのだろうな。(もちろん合わない人がいればガタガタ言わず、そっとはなれるのだろうな。)そうして、その時々の生きる場所を安心して生きられる場所にしていけるのだろうな。

 

安心して日々を過ごせる経験をしてもらう、それもとっても大切なこと、なんですね。

 

共に過ごした分、我が子の「好き」をちょっぴり多く知ってる自分がちょっと嬉しかったりするのです。いつでも子離れの準備、笑。

 

家族でやらねば終わらぬ冬支度。

断熱!

マイナス3度の雪の中、頑張ってはりました。

でも暮らすことに忙しいっていいです。

余計なことで落ち込む時間もないですしね。

足のしもやけ、いつになったらなおるかなあ、笑。

f:id:yurukkosae:20181209062305j:image f:id:yurukkosae:20181209062309j:image

(この記事は、2018年12月9日の妻のブログを、再編集したものです)

【妻ブログ】不便な暮らし。

2018.12.20

【妻ブログ】優しさと想像力。

2018.12.13

うちが目指したいパーマカルチャーは、「家族でパーマカルチャー」。
夫婦で方向性を合わせていきたいし、子どもも一緒に、そのパーマカルチャー的暮らしに参加してもらいたい。
そのために日々、方向性を合わせ続けるように、家族に寄り添うことを大事にしていきたいと思います。

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です