【妻ブログ】なんとかなるさ。

一週間前にお友達からもらった言葉があります。

 

大抵のことはなんとかなる。

 

その言葉に支えられた冬支度の難関が昨日、また1つ片付きました。

自分に言い聞かせたこの言葉、ありがとう〜。

 

薪ストーブにこんなに簡単にススが詰まるって知らなくて、燃えが悪くて寒かった母子での留守番1週間。

冬支度を始めたネズミとのたたかい。

雪が降り始めたのにキッチンが外にある大変さ。

古民家プレハブからの相当の隙間風、明け方の寒さ。

配管からもろにくる結露による床の浸食問題。

水回り凍結の問題。

部屋が狭いこと、結露があることによる荷物を減らさなきゃここでは暮らせない問題。

この寒さの中、玄関のドアが凍りついたついでの壊れそうになった問題。

それから温度の差による床の結露!布団の下にすのこを引いてるんだけど、布団をあげると床が濡れるくらいの結露なのです。もちろん配管も全て滴ってるのでぼちぼちたいさくたててます。必要に迫られると自然と解決策が自分の中で浮かんでくることを知った今日この頃。自分も結構暮らす力があるなあと思えるようになったけどもね。

 

この冬を越えられるのか、正直わからないここでの暮らしが始まって3ヶ月半。

もうね、いろんなことがありすぎて、何かが起こったら、とりあえず笑いとばしながらきました。

 

もう、笑っちゃうしかない!

 

今年の私の流行語大賞だな。

 

それが2週間前に起こったあることだけはどうしようもない気持ちに陥った。

そんな時のお友達がくれたこの言葉に救われました。

 

なんとかなる。

そう、今までもいろいろ超えてきた。

タイでも家族の力で不安も超えて来た。

家族ってありがたくてそれぞれが不安になるポイントが違うから、みんなで落ち込まないんだ。

夫婦でもそう、子どもたちはさらにすごくて、どんなに私たちのうちどちらかが動揺していても、変わらず笑ってるし、仲よすぎて喧嘩してる、笑。

 

なんとかなるさ!

そう思ってみることにしたらなんかそんな気がして来て、旦那さんに言われた通り、子どもたちには先に寝かせてくれとたのみ、さっさとお風呂に入って寝た。

 

そうしたら次の日の朝、それが解決した!

一瞬諦めかけたけれども、神様にお願いして、ひたすら小さな出来ることを重ねた結果でした。

 

そんな私を見て大ちゃんがいった。

「神様にお願いしてあとはちゃんと自分で行動続けたから、叶ったんだよ。」

 

そっかあ。。ほんとだね!

 

またもなんとかなった!

よく超えた、と自分を褒める!!

 

今までの自分の暮らしとは全く違う経験をするこの数年。

そんな時は家族ではなしをしあい、どうにかこえてきた。

いつだって家族に感謝する日々。

 

ちゃんと本音で話せる近しい人がいる。

気持ちを表せる人がいる。

家族の中で自分が自分らしくいられるって、多分、当たり前じゃないと思う。

自分の子供時代はそれを許されなかったから。

 

いまはおもう。

今までたくさんのことを超えて来た自分は多分、また新たな壁も超えていけると思う。

落ち込んでうまくいかなくて苦しむ時間の次にはまた楽しい時間もやってくる。

多分人生はそうできてる、、、、、、とまだまだお尻の青い私ながらに最近なんとなく感じています。

 

だから落ち込む時は落ち込んで気持ちが奮い立つのを待ってればいいんじゃないかなっておもう気持ちが奮い立たなくても、必ず少しずつ今は変わっていくから、自分がどうしたいかに向かう勇気を持てる日常にすればいい。

 

なんとかなるさ。

 

そう思わないと生きてる自分を責めちゃうもの。

自分一人で問題を越えるためにがんばってきた過去の私。

それを越えるために自分のしたくないこともして後悔を抱えて来た幼き人生、その苦しみをやっと手放せた最近。

 

自分には嘘をつけない。

誠意のない行為で傷つくのは他人よりも、自分かもしれない。

自分を責めて生きるのは苦しいだけだから、自分に誠意をもっていきようとおもう。

そして、なんとかなるさ、を忘れずに、ごまかさずに自分の誠意とちゃんと向き合っていこうと思う。

 

たぶんね、たいていのことはなんとかなる。

自分に誠意さえ持っていれば。。きっとね。

 

大人になって、自分の周りにいてくださる方々に、愛をもらってから自分に誠意を持つ、ことに気づかせてもらいました。子供のうちに学ぶべきことなのだろうけども、私はできなかった。

 

でもこんな経験をしたから、大事な関係は裏切りたくないと思う。

もらった優しさは忘れたくないと思う。

そうして人様の中で生きてる自分を感じ、たぶん、いまの問題は自分で超えられる、なんとかなるさ、と思える。

 

私の好きな絶景ポイント。

うちの窓から見た景色。1日たりとも同じ景色がない。

自然の中にいることを感じます。

f:id:yurukkosae:20181201092044j:image

(この記事は、2018年11月29日の妻のブログを、再編集したものです)

【妻ブログ】優しさと想像力。

2018.12.13

【妻ブログ】山暮らし、妻の記録。暮らしは楽ではないけれど、笑。。

2018.12.01

山暮らしを始めて約4か月。
こんな感じで、毎日色々なことが起こりながら、まさに暮らしを作る日々を過ごしています。
こうして色々なことを一つずつ解決しながら、暮らしの自立度を高めていっています。
ただ、自立的暮らしをするのに、田舎暮らしをする必要はありません。
都会のアパート暮らしであっても自立的暮らしは可能です。
その方法についても、「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガで、解説しています。
興味のある方は、下のフォームから購読をお申し込みください。 

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です