井戸掘り12日目~15日目

排気ガスで井戸掘り

12日目~井戸掘り器の棒が壊れた

今朝の測定。
 井戸の深さ:3.5m
 水深:55cm

一日10cmペースは変わらず。
だけど、だいぶ井戸枠が下に下がってきた気がする。
IMG_20160612_123240.jpg

水深測定してるけど、あまりこの水深、意味ない気がしてきた。
だって、掘るために、水を自分で入れてるし。

井戸枠を回しているけど、今日は、井戸枠が回らず、ハンドルが空回りしてしまった。
IMG_20160612_123249.jpg

かなり土の抵抗が強いということか。
でもまあ、状況が変わるということは、掘り進めているということで、前向きに、地道に頑張りますか。

そして日記のタイトル通り、井戸掘り器についている棒が、壊れました。
IMG_20160612_134707.jpg

でもこれはかなり運がいい!
なぜかというと、井戸枠の中での破損ではなく、井戸掘り器を外に出した時に破損したので。
これがもし井戸枠の中だったとしたら、壊れた先の井戸掘り器が井戸枠の底に残ってしまい、
拾うことができずに、これ以上掘ることができなくなってしまう。
危ないところだったー。

修理は簡単なので、明日はまた直して掘ります。
しかし、本当に固くてつらいなーと思っていたら、
ここしばらく、スコップを使うことを忘れていた。
井戸枠回し、井戸掘り器での砂とり、水の注入、スコップで地面を柔らかく、
これらを駆使して、地道に地道に、掘り進んでいこうと思う。
本当にゆっくりだけど、進んでいるので。

13日目~ついに大きなトラブルが

前回、3日前のブログでは、井戸掘り器の棒が壊れたけど、
井戸の中に井戸掘り器が落ちなくて不幸中の幸いだった、という話を書いた。
だけどついに、やってしまった。
砂が固くてなかなか掘り進まないから、久しぶりにシャベルを使った。
IMG_20160607_171919.jpg
はじめの2回ほどは順調に砂が柔らかくなり、井戸掘り器に入ってくる砂の量も少し増えた。
しかし3回目、シャベルを差し込み、長い棒の先端をぐるぐる回して砂を柔らかくしていたら、
突然砂の抵抗がなくなって回転が軽くなった。
もしや・・・

引き上げてみると、木の柄だけしかなくて、掘る金属の部分がない。
無理やり回転させすぎて、木の柄と金属の部分に力がかかりすぎて金属部分が柄から外れ、
砂に刺さったまま残ってしまったと思われる。

次の日、もう一度棒でつついてみたが、金属部分の感触がない。
多分、砂に完全に埋もれてしまったと思われる。
なぜかというと、掘っている間は、井戸の水をばしゃばしゃとかきまぜるので、
その水に交じって砂が井戸枠にくっつく。
だけど時間がたつと、それらの砂がゆっくりと水とともに落ちてきて底に堆積してくる。
だから、それらの砂に埋もれてしまったのではないか。
磁石でくっつけて拾い上げようかと思ったが、そういう状況では、それもかなわない。

いったん井戸枠を抜いて、手でシャベルを拾い上げられないかと思い、
井戸枠をツーバイフォー、3メートルぐらいの木材を使っててこで抜くことにした。
すると、バキッと、木材が折れた。
縦にして使っているツーバイフォーが折れるとは。
もう、井戸枠を抜くこともできなくなってしまった。

ということで方針転換。
今度は車の排気ガスを井戸の底に吹き付け、それで砂を舞わせて、
その砂をキャッチしながら掘り進めていく方法に切り替える。
そしてある程度砂がとれてシャベルを拾える状況になったら、磁石でくっつけて救い上げる方法でいこう。

わずかでも望みがある限り、掘り進めます。
正念場ですね。

14日目~排気ガスで井戸掘り

二日前のことになりますが、ようやく排気ガス掘削を試すことができました。
これが全体の写真です。
IMG_20160621_161630.jpg
車の排気ガスから井戸の底面まで、塩ビ管を接続しました。
エンジンをかけてアクセルをふかせば、勢いよく排気ガスが飛び出し、
その排気ガスによって底面の砂を水とともに舞い上げ、
その舞い上がった砂をキャッチするという掘削方法です。

エンジンをかけてアクセルをふかしました。
IMG_20160621_162342.jpg
井戸枠から泥水があふれるほどの勢いです。
これは期待大。

そして井戸掘り器(排気ガス版)をあけてみると・・
IMG_20160621_181723.jpg

IMG_20160621_181733.jpg
おー。
通常の井戸掘り器では取れなくなりつつあった砂が、再びある程度の量取れるようになった!

現在は3.6メートルまできました。
まだまだゆっくりゆっくり、掘っていきますよー。

15日目~井戸掘りやめます(T_T)

昨日完成した新たな武器です。
IMG_20160626_084802.jpg

鉄の棒にシャベルをつけました。
IMG_20160626_084810.jpg
今度は先端が落ちないように、柄の部分も金属製のものを。

先日落としたものを拾えないかと思い、磁石をつけてみるも、
IMG_20160626_102651.jpg
くっついてくるのは砂鉄ばかり。

と思ったら・・・
IMG_20160626_102637.jpg
シャベルの先端ではなく、もう一つ落とした、メガネレンチがくっついてきた!

これは排気ガス掘削の成果。
IMG_20160626_105057.jpg

一回でこれぐらいの量の砂が取れます。
IMG_20160626_112634.jpg

で、砂はとれるんだけど、井戸枠がいくら回しても入っていかない。
多分、井戸枠の継ぎ目の部分がつかえていると思われる。
もう一度本をよく見ると、井戸枠の周りには草などを入れておかないと、
すぐに土が詰まってきて、井戸枠が下に入っていかなくなると。

本には書いてあるんだけど、それをやるのをめんどくさがっていたからかな。
まあ、何とかなるだろうと思っていたけど、それがここにきて重要なことだったと気づいた。
うーん、経験だね。
ということで、井戸枠がこれ以上入っていかなそうである以上、掘削はここまでかな。

すでに水は出ているから、あとはどれぐらい周りから水が集まってきてくれるかだな。
周りから水が集まって来てくれないと、くみ上げてもすぐになくなってしまうから。
せめて手が洗えるぐらいは出てきてほしいけど。
どうなるかな。

今回、色々と学んだので、第2号の井戸ではもっと効率的に掘れるでしょう。
やってみてわかることがたくさんありました。

(この記事は、2016年6月12日15日23日26日の記事を再編したものです)

井戸掘り16日目~20日目

2018.05.27

井戸掘り8日目~11日目

2018.05.25

生きていくのに絶対に不可欠な水を自ら得ようとしてみる。
とっても非効率なことですが、これによって「生きていく自信」のようなものが得られます。
そんな感覚なんかも、メルマガ講座の中で語っています。
興味のある方は下のフォームから「遊暮働学で自立的暮らし無料メルマガ」
を登録してみてください。


「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ
お名前(ニックネーム可) (姓)  (名)
メールアドレス 必須

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です