研究員(妻)が服の自給を始めています

手作り帽子

パーマカルチャー研究所では、暮らしを作っていくという試みをしていますが、
最近妻が、服作りにはまっています。
布と型紙を仕入れて、型紙通りに布を切って、切った布をミシンでつなぎ合わせると、服になるようです。
上の写真は子供用の帽子です。

もっと工程は複雑なのかもしれないけど、はたから見ているとそんな感じ。
けっこういい感じに仕上がっていて純粋にすごいと思う。

へぇ。
こうやって服って作るんだ~。
今まで服は買うか貰うかだったのが、
ここに作るという選択肢が入ってくると、ぐっと暮らしに幅が出ますねぇ。

(この記事は、2017年10月11日の記事を再編したものです)

テーパードパンツ

2018.05.01

手作りの暮らしに関する情報も、メルマガで発信しています。
興味のある方は下のフォームからメルマガ購読の登録をしてください。

 

「遊暮働学で自立的暮らし」無料メルマガ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です